Instagram連携の設定

Instagramと連携したモジュールが2つ用意されています。

  • Instagram最近の投稿(Api_Instagram_Users_Media_Recent)
  • Instagram最近のLiked(Api_Instagram_Users_Media_Liked)Instagramアプリの申請が必要になります。

連携をするとInstagramの写真を好きなレイアウトで作ることができる様になります。

アプリケーションの登録

まずは、Instagram側でアプリの登録を行います。これによりAPI連携で必要な Client Id Client Secret を取得します。 登録は https://www.instagram.com/developer/ から行います。 ここで注意点として、Valid redirect URL は、 http://ドメイン/callback/instagram.html を指定してください。


Instagram アプリ登録画面

Instagram アプリ登録画面


アプリを登録後、詳細画面(Manage)に移動すると以下2つの値が確認できると思います。この値をメモ(コピー)しておきましょう。

  • Client ID
  • Client Secret

a-blog cmsの設定

Client IDClient Secret が取得できたら、次にa-blog cms側の設定を行います。 管理ページ > コンフィグ > プロパティ設定 の Instagram アプリケーションに以下の情報を入力します。

  • Client ID(Instagramアプリ登録で取得した Client ID
  • Client Secret(Instagramアプリ登録で取得した Client Secret
  • Client Redirect(Instagramアプリ登録で登録した Valid redirect URIs の値)

認証

プロパティの設定が保存できたら、Instagramの認証を行います。 管理画面 > コンフィグ > 外部認証設定 に移動し InstagramのOAuth認証ボタンを押して、Instagram側で認証してください。

モジュールの使用

これによりInstagram最近の投稿(Api_Instagram_Users_Media_Recent)モジュールが使用できるようになりました。スニペットを貼り付けて最近の投稿が取得できるか確認してみましょう。

Api_Instagram_Users_Media_Likedの使用

Instagram最近のLiked(Api_Instagram_Users_Media_Liked モジュールを使用する場合は注意が必要です。 Api_Instagram_Users_Media_RecentはSandboxモードで使用することができるのですが、Api_Instagram_Users_Media_Likedはアプリの審査が必要になります。アプリの審査はアプリを登録したサイトより審査できますが、内容によっては審査が通らない場合がありますのでご注意ください。