学習a-blog cmsインストール時の初期状態について

テーマ

ブログ

カテゴリー

エントリー

テンプレート

目次

  1. ようこそa-blog cmsへ
  2. ログインするには
  3. インストール時のサイトマップについて
  4. テーマについて
  5. ディレクトリー構造について

ようこそa-blog cmsへ


数あるCMSの中からa-blog cmsをインストールしていただきありがとうございます。「インストールしたはいいけど何から始めたらいいかわからない」「短期間でもちゃんと理解できるか不安」そのような方に向けて、ここではインストール直後のa-blog cmsの仕様についてご紹介します。


ログインするには


まずはサブカラム右下にある [login] ボタンをクリックしてください。 もしくは、表示されているURLの語尾に /login を追記しても同じページが表示されます。

例)https://example.com/login


[login]ボタン

次に「ユーザーID/メールアドレス」「パスワード」の各欄に管理者が発行した情報を入力し、[ログイン] ボタンをクリックします。


ログイン画面

「ユーザーIDまたはパスワードが違います。」と表示されたら?


[ログイン] ボタンをクリックした時に「ユーザーIDまたはパスワードが違います。」と表示された場合は、以下のような原因が考えられます。


  • メールアドレス、パスワードが半角英数字で入力されていない
  • 意図しないスペースが入っている

パスワードを忘れてしまったら?


パスワードを忘れてしまった場合は、パスワードを再発行しましょう。

[パスワードをお忘れですか?] をクリックして登録してあるメールアドレスを入力すると、パスワードを変更するためのリンクと新しいパスワードがメールで送られてきます。メールの内容に従って新しいパスワードでログインしてください。


これでログインは完了です。

ログイン中は、ヘッダーの直後とフッターの直前に灰色の管理ボックスが表示されます。サイトの運営は主にこの管理ボックスを使って行っていきます。


管理ボックス

またヘッダー直後の管理ボックスにある [ログアウト] というボタンをクリックすることで、ログイン前の状態に戻ることもできます。


インストール時のサイトマップについて


a-blog cmsはインストール時より、実際に企業のサイトを制作した場合の仕上がりの例として、あらかじめ複数のサンプル記事が入力されています。このサイトは下図のような構造になっています。



a-blog cmsでは、これらの階層に関わる情報を3種類に区別しています。それが「ブログ」「カテゴリー」「エントリー」です。


ブログ
全てのエントリーとカテゴリーを含むサイトの最大単位をブログといいます。サンプルサイトでは全てのエントリーとカテゴリーを「a-blog cms サンプルサイト」というブログで総括しています。

カテゴリー
複数のエントリーをジャンル別に分類する単位をカテゴリーといいます。サンプルサイトでは「お知らせ」「会社概要」「製品情報」などが当てはまります。
また、製品情報カテゴリーのように、カテゴリー中でさらに「家庭用製品」「業務用製品」とカテゴリーを分けることもできます。これらは「親カテゴリー」「子カテゴリー」と区別されます。

エントリー
ページの最小単位をエントリーといいます。サイトを更新する際には、主にこのエントリーを新規作成してページを追加します。

子カテゴリーを作成して階層を分けることもできますが、ブログの下の階層にさらに子ブログを設置することもできます。規模の大きさや用途によってカテゴリーで分けるのかブログで分けるのかを判断していきましょう。
またサイトの構成次第では、カテゴリーを持たないエントリーを用意することもあります。この際でも、カテゴリーがエントリーを内包し、ブログがカテゴリーを内包するような主従関係が逆転することはありません。


テーマについて


テーマ
テンプレート(HTMLファイル)やイメージファイル(画像ファイル)、CSSファイル、JavaScriptファイル等、サイトを構成するファイルを1つのフォルダにまとめたものをテーマと呼びます。a-blog cmsでは、テーマごとにサイトの見た目や機能を設定することができます。

2018年10月現在では、デフォルトのテーマとして「site2018」「beginner2018」「bootstrap2018」「blog2018」などを用意しています。また、各場合の初期テーマは以下のように設定されています。


  • a-blog cmsをインストールしている場合:セットアップ時に選択したテーマ
  • a-blog cms.ioで体験している場合:site2018

テーマを変更するには?


テーマはブログごとに設定します。
テーマを変更、もしくは現在適応されているテーマの確認は、以下の手順で行います。


  1. 管理ボックスの [管理ページ] をクリック
  2. サイドメニューの [コンフィグ] > セット名"デフォルト"の[コンフィグ] をクリック
  3. コンフィグ一覧内 [テーマ設定] をクリック



テーマ設定画面で「テーマ ディレクトリ名」という項目に表示されているテーマが現在適応されているテーマです。こちらで任意のテーマを選択し、保存ボタンをクリックすることでテーマの変更ができます。



チュートリアルでは、主にテーマ「beginner2018」を使います。「テーマ ディレクトリ名」を「beginner2018」に設定し、保存をしておきましょう。


ディレクトリー構造について


a-blog cmsサイトの各ページは、複数のテンプレートファイルによって構成されています。


テンプレートファイル
ページを構成するHTMLファイルのことです。しばしば「テンプレート」と省略します。基本的なテンプレートとして、トップページに設定する _top.html 、一覧ページに設定する index.html 、詳細ページに設定する _entry.html があります。

ファイル名先頭のアンダーバーの有無について


a-blog cmsでは _top.html や _entry.html など、テンプレートファイル名の先頭にアンダーバーがつく場合があります。これはファイル名を含んだURLである「https://example.com/top.html」や「https://example.com/index/entry.html」へのアクセスを無効にするためのものです。詳しくは「直接表示させないテンプレートを指定する | a-blog cms developers」をご覧ください。


各テーマにおいて設定されているテンプレートは、テーマ設定画面で確認することができます。「テンプレート選択ファイル(template.yaml)の値を優先する」にチェックがある場合はテンプレート選択ファイル template.yaml 内に書かれた指示通りにテンプレートが適応され、チェックがない場合は管理画面上の入力欄から直接テンプレートを指定することができます。


チェックがある場合に適応されるテンプレート

チェックがある場合に適応されるテンプレート


チェックがない場合に適応されるテンプレート

チェックがない場合に適応されるテンプレート


インストール時には、先ほどのサイトマップに掲載した項目がそれぞれ以下のテンプレートで表示されています。



また各ページにおいて表示されているページのテンプレートは、管理ボックスから確認することができます。例えばトップページの管理ボックスには、「現在表示中のテンプレート:/themes/site2018/_top.html」と表記されています。


現在表示中のテンプレート:/themes/site2018/_top.html

以上で学習は終了です
次のチュートリアルへ進みましょう