CPI ACE01 サーバーアップデートに関するお知らせ

この記事は公開日より5年以上経過しているため、現在の内容と異なる可能性があります。

CPI ACE01サーバーのアップデート

a-blog cmsの簡単インストールなどもあり、ACE01共有サーバーをご利用の方も多いかと思います。 そのACE01がサーバーのアップデートを行う事になり、弊社にもお問い合わせが多くくているので、ここで情報を整理したいと思います。

ACE01 ウェブサーバーに関する重要なお知らせ(公式)

アップグレード内容

大きく2つのアップデートがあります。Apacheのバージョンアップについては得にCMSで対応しないといけない事はありませんが、WAFについては注意が必要です。これについては後述します。

  • Apache バージョンアップ 1.3 系→2.2系 に変更
  • WAF 機能の提供開始

アップデート時期

  • 2016年 8月3日(水)11時~14時ごろ Apacheバージョンアップ
  • 2016年 9月7日(水)15時 WAF 機能の提供開始

必要な対応

Apacheのバージョンアップについては、特に対応は必要ありません。ただしWAFについては注意が必要です。 表示側には問題はありませんが、何か編集作業を行う時にWAFが有効(デフォルト無効)だと、タグ(JavaScriptなど)が入っていると、WAFが反応しエラーページが出力され保存できない場合があります。

WAFとは(公式)

*詳しいWAFの仕様は公開されておりませんので、残念ながらどこでエラーが出るかはここで断言はできません。

ただし、コントロールパネルや、htaccessでWAFのコントロールが出来るようなので、もしWAFを有効にする場合は、WAFのコントロールを運用に合わせて設定をお願いします。弊社でもいいコントロール方法がないか引き続き調査を行いたいと思います。

mysqlについて

今回のバージョンアップとは関係ありませんが、ACE01_2015の場合、2016年6月28日(火)よりmysql5.6が利用できるようになりました。mysql5.6にしていただくとa-blog cmsのパフォーマンスがよくなりますので是非ご利用ください。

MySQL 5.6 追加のお知らせ(公式)

mysql5.6の利用方法

コントロールパネルでmysql5.6を選択してDBを作成します。5.6の選択肢がない場合は、ACE01_2015でない可能性があります。

a-blog cmsでのmysqlの指定方法ですが、ポートが3306ではなく、3307になりますのでご注意ください。

バージョン5.6.30
ホスト名127.0.0.1
ポート番号3307

ポートを指定する際には「データベースサーバー名」のところを 127.0.0.1:3307 に指定ください。

以上になります。WAF(デフォルト無効)を有効にする場合だけご注意ください。また何か情報が入りましたらご報告したいと思います。

同じタグ付けがされている記事