Ver. 3.0 の パフォーマンスを検証!


2021年12月24日 にメジャーバージョンアップである Ver. 3.0 がリリースされました!

ionCube PHP Encoder の廃止

やはり Ver. 3.0 で大きな変更点は、ionCube PHP Encoderの廃止ではないでしょうか。 もちろん 暗号化がなくなったので、セキュリティ対策としては若干落ちますが、コアプログラムは難読化されていますしメリットも多くあるため、より便利に a-blog cmsを利用できるようになったと思います。

ionCube PHP Encoder 廃止によるメリット

  • インストール時に、ionCube Loaderのインストール作業が不要になる
  • インストール時に、インストールできるサーバー環境が増える
  • サーバー側で強制的にPHPバージョンが変更されても、サイトが停止しない
  • PHPのバージョンを変更する際に、パッケージを変える必要がない
  • ionCube Loaderの開発状況に左右されないため、新しいPHPバージョンに対応したパッケージがより早く提供される

Ver. 3.0 のパフォーマンス検証

Ver. 3.0 の特徴として、パフォーマンス周りの改善がみられます。

  • PHP8.0 対応
  • テンプレートキャッシュを導入
  • その他キャッシュ機能を強化(キャッシュ対象の増加、APCu対応など)

そこで今回は、Ver. 2.11.42 と Ver. 3.0 のパフォーマンスを計測し、Ver. 3.0 のパフォーマンスを検証していきたいと思います。

前提条件

計測するサーバーは、a-blog cms の設置サーバーとしてよく選ばれる、Xserver スタンダードを選択しました。

  • Xserver スタンダード(旧X10)
  • siteテーマの初期状態で計測
  • トップページ、一覧(お知らせ一覧)、詳細ページ(ユニットによる要素の掲載例)を計測
  • 計測はApache Benchを使用(10ユーザーが合計100アクセスするのにかかった秒数を計測)

Ver. 2.11.42 の測定結果

設定内容

  • PHP 7.425
  • MySQL 5.7.x
  • Xアクセラレータ Ver.1 有効


ページ CMSのページキャッシュなし CMSのページキャッシュあり
トップページ 5.214 秒(19.18 #/s) 3.020 秒(33.11 #/s)
一覧ページ 5.610 秒(17.83 #s) 3.073 秒(32.53 #/s)
詳細ページ 6.001 秒(16.66 #s) 3.281 秒(30.48 #/s)

Ver 3.0.0 の測定結果

設定内容(Ver. 2.11 と同じ条件で計測)

  • PHP 7.425
  • MySQL 5.7.x
  • Xアクセラレータ Ver.1 有効
  • テンプレートキャッシュオフ


ページ CMSのページキャッシュなし CMSのページキャッシュあり
トップページ 3.908 秒(27.21 #/s) 3.054 秒(32.74 #/s)
一覧ページ 3.802 秒(26.30 #s) 2.776 秒(36.02 #/s)
詳細ページ 3.940 秒(25.38 #s) 2.980 秒(33.55 #/s)

設定内容(テンプレートキャッシュON)

  • PHP 7.425
  • MySQL 5.7.x
  • Xアクセラレータ Ver.1 有効
  • テンプレートキャッシュON


ページ CMSのページキャッシュなし CMSのページキャッシュあり
トップページ 3.565 秒(28.05 #/s) 2.884 秒(34.67 #s)
一覧ページ 3.679 秒(27.18 #s) 2.715 秒(36.83 #s)
詳細ページ 3.751 秒(26.66 #s) 3.006 秒(33.27 #s)

設定内容(PHP8.0, テンプレートキャッシュON)

  • PHP 8.0.12
  • MySQL 5.7.x
  • Xアクセラレータ Ver.1 有効
  • テンプレートキャッシュON


ページ CMSのページキャッシュなし CMSのページキャッシュあり
トップページ 3.604 秒(27.75 #/s) 2.709 秒(36.91 #/s)
一覧ページ 3.793 秒(26.36 #s) 2.786 秒(35.89 #/s)
詳細ページ 4.027 秒(24.83 #s) 3.091 秒(32.36 #/s)

設定内容(Xアクセラレータ Ver.2 有効, PHP8.0, テンプレートキャッシュON)

  • PHP 8.0.12
  • MySQL 5.7.x
  • Xアクセラレータ Ver.2 有効
  • テンプレートキャッシュON


ページ CMSのページキャッシュなし CMSのページキャッシュあり
トップページ 3.615 秒(27.66 #/s) 2.732 秒(36.60 #/s)
一覧ページ 3.759 秒(26.61 #s) 2.634 秒(37.96 #/s)
詳細ページ 4.022 秒(24.87 #s) 2.775 秒(36.03 #/s)

以上が計測結果になります。いかがでしたでしょうか。

Ver. 2.11.42 と比べると Ver. 3.0.0 は ページキャッシュ未使用時のパフォーマンスが良くなっている事がわかります。 会員サイトや、編集時などログインしている状況でのパフォーマンスが良くなっていそうです。

CMSのページキャッシュが有効時は、Ver. 2.11 も Ver. 3.0 もそこまで大差はないかと思います。

PHP8.0 や Xアクセラレータ Ver.2 は、今回のテストでは思ったより改善は見られませんでした。 若干キャッシュあり時のパフォーマンスが良くなった程度でしょうか。

もちろん今回の検証は限られた設定やテーマでの検証ですので、サーバー環境やテーマの作り方が変わると結果も変わってくると思います。 ただログインしている時やキャッシュオフの状態のパフォーマンスは体感できるぐらい違いを感じますので、ぜひ一度 Ver. 3.0 を試してみてください。 特にあまりパフォーマンスがよくない環境だと、差が顕著になると思います。

以上、Ver. 3.0 のパフォーマンス検証でした。

追加情報

XSERVER の 新サーバー簡単移行 のサービスを利用すると 最新サーバー環境(sv13001.xserver.jp~) へ引っ越しをすることができます。 上記の計測後にサーバーを引っ越ししましたので、そのデータも共有しておきます。

設定内容(サーバーID sv13xxx, Xアクセラレータ Ver.2 有効, PHP8.0, テンプレートキャッシュON)

  • PHP 8.0.12
  • MySQL 5.7.x
  • Xアクセラレータ Ver.2 有効
  • テンプレートキャッシュON


ページ CMSのページキャッシュなし CMSのページキャッシュあり
トップページ 2.561 秒(39.05 #/s) 1.935 秒(51.68 #/s)
一覧ページ 2.785 秒(35.91 #s) 1.977 秒(50.58 #/s)
詳細ページ 2.876 秒(34.77 #s) 1.963 秒(50.94 #/s)

同じタグ付けがされている記事