スタンダードライセンスで運用中のシステムの安全なアップデート方法

時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

新しいライセンスの追加とライセンスの価格改定に関するお知らせ」の記事でもお知らせした通り、スタンダードライセンスでVer. 2.11以降へマイナーバージョンアップされたときバージョンアップ費用が必要になりました。(マイナーバージョンアップとは、Ver.2.10からVer.2.11にアップデートするような、小数点第2位の数字のバージョンアップを指します。マイナーバージョンは、後方互換性があり機能性を追加した場合にバージョンが上がります。)

本記事では、スタンダードライセンスで運用中のシステムの安全なアップデート方法についてお知らせいたします。

バージョンアップ費用について

バージョンアップ費用は、1回10,000円(+消費税)となっており、アップデート期間延長オプションを購入いただいてから1年間有効です。 アップデート期間延長オプションの有効期限内であれば、マイナーバージョンアップを何度でも行なっていただけます。

バージョンアップ費用が必要になる場合

  • Ver.2.10.x→Ver.2.11.x、Ver.2.8.x→Ver.2.11.x、Ver.1.7.x→Ver.2.11.x のアップデートの場合
  • Ver.2.11.x→Ver.2.12.x のアップデートの場合

バージョンアップ費用が不要の場合

  • Ver.2.8.x→Ver.2.10.x、Ver.1.7.x→Ver.2.10.x のアップデートの場合
  • Ver.2.11.0→Ver.2.11.1 のアップデートの場合
  • Ver.2.11.xを購入してから、半年以内にVer.2.12.x へアップデートする場合

安全なアップデートの手順

安全にCMSのバージョンをアップデートをしていただくために、順番としてはアップデート期間延長オプションを購入してからアップデート作業を行うことを推奨しています。

購入前にアップデート作業を行うと、ライセンスが一時開発ライセンスとなり、運用中のサイトで開発ライセンスで運用中であることを知らせるアラートが表示されたり、noindexとなってしまう危険性があります。

必ず購入してからアップデート作業を行うようにしてください。

1. アップデート期間延長オプションの購入方法

まず、マイページの所有ライセンス一覧に移動します。(※マイページに要ログイン)

一覧からバージョンアップしたいサイトを探し、オプション項目の「購入」ボタンをクリックし、オプション購入ページへ移動します。



オプション購入ページに移動したら、「アップデート期間延長」項目を選択します。バージョンアップ費用は、1回10,000円(+消費税)となっています。

購入手続きを完了したら、再び マイページの所有ライセンス一覧へ移動します。

一覧からバージョンアップしたいサイトを探し、license.phpをダウンロードします。ダウンロードしたlicense.phpは、CMSを設置しているサーバーにアップロードし、すでに設置されているlicense.phpを上書きしてください。

2. アップデートの操作方法

/private/config.system.yaml をテキストエディタで開きます。そして、ファイル内に以下の記述を追加します。

system_update_repository  : https://www.a-blogcms.jp/api/update-211.json

設置したサイトのCMSにログインし、管理画面に入り、「更新」ページに移動します。

「今すぐ更新」ボタンをクリックして、自動アップデートを開始します(「今すぐ更新」ボタンが表示されていなかったら、「もう一度確認する」ボタンをクリックしてください)。



更新ページに再度アクセスして、「インストールバージョン」が最新バージョンになっていたらアップデート完了です。

【重要】Ver.2.11以上にアップデートするときは校正オプションにご注意ください

Ver.2.11から、校正オプションのしようが変更されております。Webサイトの表示にも関わる修正となっておりますので、アップデートの際はご確認のほどお願いいたします。

ご不明な点があったときは

この件についてなにかご不明な点がございましたら、お問い合わせフォームまでご連絡ください。

日々使いやすいシステムとなるよう改善を勤めておりますので、皆様からの貴重なフィードバック、お待ちしております。

同じタグ付けがされている記事