エントリー一覧のときに、タイトルと一緒に表示されるステータスを出力したくないときのカスタマイズ


エントリー一覧などでエントリータイトルと一緒に表示される【下書き】、【非公開】などのステータスの状況を出力しないようにする方法をご紹介します。

サイト全体に対応する方法

/private/config.system.default.yamlの900行〜908行目付近にあるステータスの設定をconfig.system.yamlに空の状態で記述すると、実現できます。

config.system.yamlの記述例

admin_entry_title_prefix_close :
admin_entry_title_prefix_draft :
admin_entry_title_prefix_secret :
admin_entry_title_prefix_trash :
admin_entry_title_prefix_pre_approval :
admin_entry_title_prefix_trash_approval :
admin_entry_title_prefix_awaiting :
admin_entry_title_prefix_start :
admin_entry_title_prefix_end :

ただし、上記の方法ではサイト全てが適用されてしまいます。個別に対応したい場合は、下記の対応を行ってください。

個別に対応する方法

エントリーサマリーやエントリーボディには{status}という変数が用意されているので、校正オプションと合わせれば個別に非表示にすることも可能です。

HTMLの記述例

<!-- BEGIN_IF [{status}/neq/open] -->
{title}[split('】', 1)]
<!-- ELSE -->
{title}
<!-- END_IF -->

{status}は英語でそれぞれのステータスの情報が表示される変数となっており、公開時にはステータスが出力されないため、公開時以外の時にsplitの校正オプションを使ってタイトルのみを表示しています。

同じタグ付けがされている記事