常時SSL化対応については 2.6.1.3 を利用ください


a-blog cms 2.6.1 から常時SSLへの対応オプションが追加されました。

config.server.php の設定の FULLTIME_SSL_ENABLE を 1 に設定しておく事で、SSL でないページにアクセスされた場合にも自動で SSL ページの表示に切り替わります。

config.server.php の設定

define('FULLTIME_SSL_ENABLE', 1);

v2.6.1.2 まではSSL(HTTPS)のときにはキャッシュしない

Ver. 2.6.1.3をリリースしました」の 変更点に「httpsでキャッシュしない仕様を削除」と、あっさり目で書かれていますが、1.0 から 2.6.1.2 までは SSL (HTTPS) の時にはキャッシュをしない仕様でした。SSL のページは基本的には「お問い合わせフォーム」のようなページのみで、フォーム部分はキャッシュするとトラブルの元になるので、されない方がいいだろうということだったようです。

旧バージョンを利用している方で常時SSL化する際には

バグというわけでなく、仕様としてSSLはキャッシュしていなかった古いバージョンを利用されている方は、新しい利用方法である常時SSL化を利用する際には、お手数ではありますがバージョンアップをお願いいたします

同じタグ付けがされている記事