購読者ユーザでもキャッシュを効かせてみる

購読者ユーザでキャッシュ

現在、購読者ユーザでキャッシュを効かせるオプションを開発中です。 a-blog cmsではログインしている状態では、キャッシュが効かない状態になります。 しかし、購読者ユーザは自分のプロフィールぐらいしか編集できないので、基本的にキャッシュが効いている状態が望ましいです。

仕組み

この仕組みはオプションにしてconfig.system.yamlで設定を切り替えれるようにしたいと思ってます。たぶんデフォルトはOFFです。

オプションを有効にすることにより、管理ページ以外にキャッシュが効くようになります。 しかし問題になってくるのが、管理パーツなどのキャッシュしたくない所です。

ここは、post_includeで解決する事を考えています。 また下のコードの様に、新しくキャッシュを効かせないhiddenを用意してあります。 これはpost_includeの時にしか効かないオプションにする予定です。

<form action="" method="post" class="js-post_include-ready"><input type="hidden" name="nocache" value="yes" />
<input type="hidden" name="tpl" value="include.html" />
<input type="hidden" name="ACMS_POST_2GET" />
</form>

この機能は次のバージョン1.7.1で実装される予定です。 要望などありましたら教えて下さい。

というわけで開発ブログの一発目のネタになりました。 これからも最新情報を発信していきたいと思いますので宜しくお願いします!!

同じタグ付けがされている記事