モジュールIDの引数

モジュールID条件設定ではカテゴリーやエントリー、ページなどの項目にチェックボックスがついています。このチェックボックスはURLコンテキストの値を参照しています。



カテゴリーIDの入力フォームではcidの数字を入力しますが、引数にチェックすることでURLの情報に合わせてデータの表示することができます。

引数チェックボックスの使い方

引数のチェックボックスは、URLコンテキストに応じて表示する内容を変えることができます。URLコンテキストについてはURLコンテキストのページをご覧ください。

現在表示しているカテゴリーの一覧を表示させたい

カテゴリーIDの引数チェックボックスにチェックをしてください。

http://www.example.com/news/ のときはnewsカテゴリーのエントリー一覧を表示します。 http://www.example.com/products/ のときはproductsカテゴリーのエントリー一覧を表示します。
このようにURLの値によって表示させるデータを変えることができます。わざわざnewsカテゴリー一覧表示用のモジュールを作ったり、productsカテゴリー一覧表示用のモジュールを作ったりしなくてよくなります。

ページャーを使いたい

ページ(page)の引数チェックボックスにチェックをしてください。

お知らせエントリーの2ページ目のエントリーを表示させるときはURLに /page/2/ という値が入っています。ページ(page)の引数チェックボックスにチェックすることで現在のページの情報を表示することができます。 http://www.example.com/news/page/2/

キーワード検索したい

キーワード(keyword)の引数チェックボックスにチェックをしてください。

検索フォームからキーワードを入力して検索するとURLに検索したキーワードが入ります。醤油というキーワードで検索するとURLに /keyword/醤油/ という値が含まれ、醤油という文字を持っているエントリー一覧を表示することができます。
http://www.example.com/keyword/醤油/

タグの絞り込みがしたい

タグ(tag)の引数チェックボックスにチェックをしてください。

タグクラウドのリンクをクリックするとURLに選択したタグの値が入ります。フォームというタグを持ったエントリーの一覧を表示させたいときはURLに /tag/フォーム/ と入れて絞り込めるようにします。
http://www.example.com/tag/フォーム/

カスタムフィールドの絞り込みがしたい

フィールド(field) の引数チェックボックスにチェックをしてください。

カスタムフィールドの絞り込みをする場合はURLに /field/カスタムフィールド変数名/値/ が入っていれば、そのカスタムフィールドの値を持っているエントリーを表示することができます。
http://www.example.com/field/pickup/true/

期間で絞り込みがしたい

開始日時(start)と 終了日時(end)の引数チェックボックスにチェックをしてください。

Entry_ArchiveListモジュールなどで2014年1月に投稿したエントリー一覧を表示させるということがあります。その場合はURLが /2014/01/ という値が入ります。開始日時(start)と 終了日時(end)の引数にチェックのあるモジュールであれば、2014年1月に投稿したエントリー一覧を表示させることができます。
http://www.example.com/2014/01/