リファレンス

目次

フィールドモジュール

フィールドモジュールは、見ているページの標準のフィールドとカスタムフィールドの情報を変数として扱えます。次の例では、カテゴリーごとに紐付けされたカスタムフィールドの画像(headimage)を表示します。紐付けされた画像情報がなければ、:veilによって表示されなくなります。

例:カテゴリーのカスタムフィールドを表示する

<!-- BEGIN_MODULE Category_Field -->
 <!-- BEGIN headimage:veil -->
  <img src="{headimage@path}" width="" height="" />
 <!-- END headimage:veil -->
<!-- END_MODULE Category_Field -->
Blog_Field 表示中のページが帰属するブログのフィールド情報を出力 変数表 ソース
例)<!-- BEGIN_MODULE Blog_Field -->
<!-- END_MODULE Blog_Field -->
Category_Field 表示中のページが帰属するカテゴリーのフィールド情報を出力 変数表 ソース
例)<!-- BEGIN_MODULE Category_Field -->
<!-- END_MODULE Category_Field -->
Entry_Field 表示中のページが帰属する記事のフィールド情報を出力 変数表 ソース
例)<!-- BEGIN_MODULE Entry_Field -->
<!-- END_MODULE Entry_Field -->
User_Field 表示中のページが帰属するユーザーのフィールド情報を出力 変数表 ソース
例)<!-- BEGIN_MODULE User_Field -->
<!-- END_MODULE User_Field -->
Module_Field モジュールIDのフィールド情報を出力(Ver.2.6.1より追加) ソース
例)<!-- BEGIN_MODULE Module_Field -->
<!-- END_MODULE Module_Field -->

ビルトインモジュール

ビルトインモジュールは、テンプレート上にモジュールを読み込んで使用します。管理ページで詳細を設定することができます。


エントリー

エントリー本文
Entry_Body
エントリーの一覧表示、単一表示、エントリーの投稿 変数表 スニペット
エントリーリスト
Entry_List
エントリーの一覧(URLとタイトル)を表示 変数表 スニペット
フォト
Entry_Photo
エントリー中の画像を一覧表示 変数表 スニペット
ヘッドライン
Entry_Headline
エントリーの一覧(URLとタイトルと日時とカテゴリー)を表示 変数表 スニペット
サマリー
Entry_Summary
エントリーの一覧(URLとタイトルと日時とカテゴリーとメイン画像と概要テキストとVer.2.6より関連エントリー)を表示 変数表 スニペット
エントリー位置リスト
Entry_GeoList
位置情報に基づいて、近い距離順でエントリーの一覧を表示 変数表 スニペット
アーカイブ
Entry_ArchiveList
エントリーの年月別アーカイブのURLと件数を表示 ( ※ver1.1.0で追加 ) 変数表 スニペット
タグリレーショナル
Entry_TagRelational
同じタグがつけられたエントリーの一覧(URLとタイトルと日時とカテゴリーとメイン画像と概要テキスト)を表示 変数表 スニペット
エントリーカレンダー
Entry_Calendar
エントリーをカレンダー状にレイアウトして表示( ※ver1.5.0で追加 ) 変数表 スニペット
エントリーフィールド
Entry_Field
フィールドモジュールを確認

カテゴリー

カテゴリーリスト
Category_List
カテゴリーの一覧を表示 変数表 スニペット
カテゴリー位置リスト
Category_GeoList
カテゴリーの一覧とその位置情報を表示 変数表 スニペット
カテゴリーエントリーリスト
Category_EntryList
カテゴリーと、そのエントリーの一覧を表示 変数表 スニペット
カテゴリーエントリーサマリー
Category_EntrySummary
カテゴリーと、そのエントリーの一覧(URLとタイトルと日時とカテゴリーとメイン画像と概要テキスト)を表示( ※ver1.5.0で追加 ) 変数表 スニペット
カテゴリーフィールド
Category_Field
フィールドモジュールを確認

サイトパーツ

リンク集
Links
設定したリンク(ラベルとURL)を表示 変数表 スニペット
バナー
Banner
バナーを表示(画像ファイル or HTML記述の選択式) 変数表 スニペット
ナビゲーション
Navigation
設定したナビゲーション(ラベルとURL、属性、階層関係)を表示 変数表 スニペット
トピックパス
Topicpath
パンくずリストを表示 変数表 スニペット

コメント

コメント本文
Comment_Body
コメントの一覧を表示とコメントの投稿 変数表 スニペット
コメントリスト
Comment_List
コメントの一覧を簡易表示 変数表 スニペット

タグ

タグクラウド
Tag_Cloud
タグの一覧を表示 変数表 スニペット
タグフィルター
Tag_Filter
タグの絞り込みを表示 変数表 スニペット

API

Google Analyticsランキング
Api_GoogleAnalytics_Ranking
Google Analytics で取得したアクセス数に基づいてページをランキング形式で表示する(Ver.2.6.1より追加) 変数表 スニペット
Twitterホームタイムライン
Api_Twitter_Statuses_HomeTimeline
ブログに紐づけられたTwitterユーザーのメインタイムラインを表示する スニペット
Twitterユーザータイムライン
Api_Twitter_Statuses_UserTimeline
指定されたTwitterユーザーのメインタイムラインを表示する スニペット
Twitterリストメンバーズ
Api_Twitter_List_Members
指定されたTwitterリストに含まれるTwitterユーザーを表示する スニペット
Twitterリストタイムライン
Api_Twitter_List_Statuses
指定されたTwitterリストのタイムラインを表示する スニペット
Twitterサーチ
Api_Twitter_Search
指定キーワードによる検索結果のタイムラインを表示する スニペット
Instagramいいね!
Api_Instagram_Users_Media_Liked
ブログに紐付けられたInstagramユーザーが"いいね!"した写真を順に表示します。 スニペット
Instagram最新投稿
Api_Instagram_Users_Media_Recent
ブログに紐付けられたInstagramユーザーの写真を新しい順に表示します。 スニペット
Bingウェブ検索
Api_Bing_WebSearch
変数表 スニペット
Bingイメージ検索
Api_Bing_ImageSearch
変数表 スニペット

その他

ユニットリスト
Unit_List
ユニット(エントリーの1ブロックの単位)をリスト表示 変数表 スニペット
OGP
Ogp
OGP周りの変数を表示 変数表 スニペット
カレンダー
Calendar_Month
カレンダーを表示 変数表 スニペット
年間カレンダー
Calendar_Year
カレンダーを年別表示 変数表 スニペット
スケジュール
Plugin_Schedule
日付毎の簡易情報を登録して表示する 変数表 スニペット
ユーザープロフィール
User_Profile
ユーザーのプロフィールを表示 変数表 スニペット
ユーザーサーチ
User_Search
ブログに登録されているユーザーを表示する 変数表 スニペット
ユーザー位置リスト
User_GeoList
ユーザーの一覧と位置情報を表示する 変数表 スニペット
子ブログリスト
Blog_ChildList
子ブログをリスト表示する 変数表 スニペット
ブログ位置リスト
Blog_GeoList
子ブログの一覧とその位置情報を表示する 変数表 スニペット
カートリスト
Shop_Cart_List
カートの中に入れたアイテム(商品エントリー)の情報を表示する 変数表 スニペット
カートノーティファイ
Shop_Cart_Notify
直前にカートの中に入れたアイテム(商品エントリー)をの情報を簡易表示する 変数表 スニペット
エイリアスリスト
Alias_List
エイリアスをリスト表示する 変数表 スニペット
フィールドバリューリスト
Field_ValueList
指定されたフィールドのキーで登録されている値を列挙して表示する 変数表 スニペット
RSS2
Feed_Rss2
RSS2を出力 変数表 スニペット
外部フィードリスト
Feed_ExList
外部サイトのフィードを読み込んで表示 変数表 スニペット
ケースビュー
Case_View
ページの表示状態による条件分岐 変数表 スニペット
ケースオース
Case_Auth
ログイン中ユーザーの権限による条件分岐 変数表 スニペット

acmsパス

acmsパスで指定した任意の条件で、対象のファイルやリンクを読み込みます。

bid ブログのIDを数字で指定します。

bid/2/ … BIDが2のブログを指定します

aid エイリアスのIDを数字で指定します。
uid ユーザーのIDを数字で指定します。
cid カテゴリーのIDを数字で指定します。
eid エントリーのIDを数字で指定します。
cmid コメントのIDを数字で指定します。
tbid トラックバックのIDを数字で指定します。
keyword 検索キーワードを指定します。
tag タグを指定します。
複数設定する場合はスラッシュで区切ります。
field フィールドを指定します。

field/job/Webデザイン・Web制作・CGI制作/クリエイター・グラフィックデザイナー/and/location/東京23区

order 表示順を指定します。

datetime-desc/ … 日時で降順
code-asc/ … コード名で昇順

tpl テンプレートを指定します。
この項目は必ず、パスの最後に記述して下さい。
page ページを指定します。
limit 表示件数を指定します。
span ( - ) 期間を指定します。

2009-01/-/2009-02/ … 2009年1月〜2月の記事を指定します。

query クエリストリング指定します。

<input type="hidden" name="hoge" value="aaa">
<input type="hidden" name="query[]" value="hoge">

admin 管理ページを指定します。

admin=top(ダッシュボード)admin=entry_index(エントリ一覧)

グローバル変数

グローバル変数は、テンプレートに記述することで、表示中のページが持つ情報を出力します。テンプレート上、モジュールやインクルードよりも先に処理されます。

ID(数字)の出力

%{RBID} ルートブログID
%{PBID} 親ブログID
%{BID} ブログID
%{RCID} ルートカテゴリーID
%{PCID} 親カテゴリーID
%{CID} カテゴリーID
%{EID} エントリーID
%{UID} ユーザーID
%{ALIAS_ID} エイリアスID
%{RVID} バージョンID
%{UTID} ユニットID
%{CMID} コメントID
%{SESSION_USER_ID} ログイン中のユーザーID
%{SESSION_BLOG_ID} ログイン中のブログID
%{MID} (ver2501〜) モジュール編集画面のモジュールID

コードの出力

%{RBCD} ルートブログコード
%{PBCD} 親ブログコード
%{BCD} ブログコード
%{RCCD} ルートカテゴリーコード
%{PCCD} 親カテゴリーコード
%{CCD} カテゴリーコード
%{ECD} エントリーコード
%{UCD} ユーザーコード
%{ALIAS_CODE} エイリアスコード
%{SESSION_USER_CODE} ログイン中のユーザーコード
%{MODULE_ID} (ver2501〜) モジュール編集画面でのid

名前の出力

%{ROOT_BLOG_NAME} 表示ページが属するルートブログの名前
%{PARENT_BLOG_NAME} 表示ページが属する親ブログの名前
%{BLOG_NAME} 表示ページが属するブログの名前
%{ROOT_CATEGORY_NAME} 表示ページが属するルートカテゴリーの名前
%{PARENT_CATEGORY_NAME} 表示ページが属する親カテゴリーの名前
%{CATEGORY_NAME} 表示ページが属するカテゴリーの名前
%{ENTRY_TITLE} 表示ページが属するエントリーの名前
%{USER_NAME} ユーザーの名前
%{ALIAS_NAME} エイリアスの名前
%{SESSION_USER_NAME} ログイン中のユーザーの名前
%{MODULE_NAME} (ver2501〜) モジュール編集画面でのモジュール名

URLコンテキストの出力

%{KEYWORD} URLコンテキスト上で、指定されたキーワード
%{FIELD} URLコンテキスト上で、指定されたフィールド
%{TAG} URLコンテキスト上で、指定されたタグ
%{PAGE} URLコンテキスト上で、指定されたページ番号
%{DATE} URLコンテキスト上で、指定された日付
%{DATE_YEAR} URLコンテキスト上で、指定された年
%{DATE_MONTH} URLコンテキスト上で、指定された月
%{DATE_DAY} URLコンテキスト上で、指定された日
%{START} URLコンテキスト上で、指定された日付(始め)
%{END} URLコンテキスト上で、指定された日付(終わり)
%{ORDER} URLコンテキスト上で、指定された並び順
%{QUERY} URLコンテキスト上で、指定されたクエリストリング
%{QOL} URLコンテキスト上で、指定されたクエリストリング
%{ADMIN} URLコンテキスト上で、指定された管理ページ
%{ADMIN_PATH} URLコンテキスト上で、指定された管理ページパス

URL・パスの出力

%{HOME_URL} ルートブログのトップページのURL
%{ROOT_BLOG_URL} ルートブログのトップページのURL
%{PARENT_BLOG_URL} 親ブログのトップページのURL
%{BLOG_URL} ブログのトップページのURL
%{ROOT_CATEGORY_URL} ルートカテゴリーページのURL
%{PARENT_CATEGORY_URL} 親カテゴリーページのURL
%{CATEGORY_URL} カテゴリーページのURL
%{BASE_URL} 基本となるURL
%{HTTP_ROOT} URLで表されるルートディレクトリ
%{INHERLINK} 現在のURLコンテキストを考慮したURL
%{CURRENT_URL} 表示中のURL
%{PERMALINK} 表示中ページへのパーマリンク
%{ROOT_DIR} ドキュメントルートからindex.phpのある場所までのパス
%{IMAGES_DIR} システムが使用する画像のあるディレクトリ( /images )のパス
%{ARCHIVES_DIR} アーカイブディレクトリ( /archives )のパス
%{BID_ARCHIVES_DIR} ブログを考慮したアーカイブディレクトリ( /archives/001 )のパス
%{YM_ARCHIVES_DIR} ブログの日付を考慮したアーカイブディレクトリ( /archives/001/201801 )のパス
%{HTTP_ARCHIVES_DIR} アーカイブディレクトリ( http://example.com/archives )のURL
%{HTTP_THEMES_DIR} テーマディレクトリ( http://example.com/themes )のURL
%{HTTP_BID_ARCHIVES_DIR} ブログの日付を考慮したアーカイブディレクトリ( http://example.com/archives/001/201801 )のURL
%{HTTP_YM_ARCHIVES_DIR} ブログの日付を考慮したアーカイブディレクトリ( http://example.com/archives/001/201801 )のURL
%{MEDIA_ARCHIVES_DIR} メディアアーカイブディレクトリ( /media )のパス
%{HTTP_MEDIA_ARCHIVES_DIR} ブログの日付を考慮したアーカイブディレクトリ( http://example.com/media )のURL
%{THEMES_DIR} テーマディレクトリ ( /themes )のパス
%{SYSTEM_THEMES_DIR} システムテーマディレクトリ ( /themes/system )のパス
%{CURRENT_THEMES_DIR} 表示中ページで使用されているテーマのパス
%{SCRIPT_ROOT} システムのメインスクリプトのパス
%{ALIAS_DOMAIN} エイリアスのドメイン
%{BASE_ACMS_PATH} 基本となるacmsパス
%{REQUEST_PATH} 表示URL中の、a-blog cms設置ディレクトリ以降のパス
%{REQUEST_DIRNAME} 表示URL中の、a-blog cms設置ディレクトリ以降のURL

コンフィグの出力

%{META_KEYWORDS} コンフィグで指定したメタ情報のキーワード
%{META_DESCRIPTION} コンフィグで指定したメタ情報のディスクリプション
%{SYSTEM_MAIL} コンフィグで指定したシステムが使用するメールアドレス
%{CHARSET} コンフィグで指定した出力文字コード
%{BLOG_THEME_COLOR} コンフィグで指定したブログのテーマカラー
%{MAIL_SUBSCRIBE_ADMIN_FROM} コンフィグで指定した管理者宛読者登録通知メールの送信元メールアドレス
%{MAIL_SUBSCRIBE_FROM} コンフィグで指定した読者登録通知メールの送信元メールアドレス
%{MAIL_REMIND_FROM} コンフィグで指定したパスワード再発行通知メールの送信元メールアドレス
%{MAIL_COMMENT_FROM} コンフィグで指定したコメント通知メールの送信元メールアドレス
%{MAIL_MAGAZINE_FROM} コンフィグで指定したメールマガジンの送信元メールアドレス.phpのある場所までのパス
%{PHP_FILE_MAX_SIZE} アップロード最大サイズ(upload_max_filesize)
%{PHP_POST_MAX_SIZE} ポスト最大サイズ(post_max_size)

日付・時間の出力

%{NOW_DATE} 表示した時点の日付
%{NOW_TIME} 表示した時点の時間
%{Y}, %{m}, %{d}... phpのdate関数に指定出来る日付文字列の書式

その他

%{DOMAIN} 表示しているブログのドメイン名
%{SNAME} 動作中のa-blog cmsのセッション名
%{CATEGORY_EXISTS} 表示中のブログにカテゴリーが存在するか判定
%{CATEGORY_LEVEL} 現在いるカテゴリー階層
%{SEARCH_ENGINE_KEYWORD} 検索エンジンからのトラフィックだった場合のリファラーに含まれる検索キーワード(キャッシュ無効時のみ使用可)
%{UA} クライアントのユーザーエージェント情報
%{UA_GROUP} クライアントのユーザーエージェントの所属グループ情報
%{ROOT_TPL} 現在表示中のルートテンプレート
%{REMOTE_ADDR} 接続元リモートアドレス情報
%{PROTOCOL} プロトコル(http : https)
%{VIEW} ページの表示状態(トップ・一覧・詳細)を示す文字列(top, index, entry)を出力する
%{SESSION_USER_AUTH} ログイン中のユーザーの権限を示す文字列(administrator, editor, contributor, subscriber)を出力する
%{SESSION_USER_MAIL} ログイン中のユーザーのメールアドレス

校正オプション

{var}[option]というように、変数の後に[]を記述して校正オプションを使用します。また、オプションはパイプ ( | ) を使用して複数指定することもできます。

校正オプションを何か一つ設定すると escapeが自動で指定されません。 エスケープが必要な場合は 必ずescapeをパイプで繋げて下さい。 校正オプションが何も指定されない場合には、デフォルトでescapeが指定されます。
例) {var}[escape|nl2br]

日付の校正

wareki 日付から和暦の年を算出して表示します。
※{date}の中は、YYYY-mm-ddの書式の日付情報(例では1985-08-26)とします
例1:{date}[wareki] → 昭和60
例2:{date}[wareki('年m月d日')] → 昭和60年8月26日
age 日付を誕生日としたときの現在の年齢を表示します。
例) 1985/08/26[age] -> 23
date 日付を指定した形式で表示します。(PHP:date関数準拠)
半角英数をつなぎ文字に入れる際は、エスケープが必要です。
例1:1985/08/26[date('Y年n月d日')] -> 1985年8月26日
例2:1985/08/26[date('M d\t\h, Y')] -> Aug 26th, 1985
weekEN2JP 英字の週(Sunday, Monday...)を日本語に変換します。
日本語名はconfig.system.default.yamlの「week_label」を参照。
例1:{date#l}[weekEN2JP] -> 日

標準の校正

escape <, >, "といった文字を実体参照に変換します。
escvars ブレース({, })を実体参照に変換します。
escquot ダブルクオーテーション(")をエスケープ("")します。
nl2br 改行を<br />に変換します。
nl2br4html 改行を<br>に変換します。*php5.3以上でないと動きません
delnl 改行コードを削除する。
list 行を<li>で囲みます。
definition_list 行を<dt>、<dd>で囲みます。行頭に#を付けると<dt>になります。
table 行を<tr>で囲み、さらにカンマを<td>で囲みます。 書き方は、エントリーのテーブル書式と同じです。
markdown マークダウン記法を使用します。
引数を指定して見出しレベルを調節することができます。
例:{text}[markdown(1)]
trim 文字幅を指定して足切りします。
例:{text}[trim(13, '...')]
mb_trim 指定した文字数(マルチバイト対応)で足切りします。
例:{text}[mb_trim(13, '...')]
raw 校正せず、そのままのデータを出力します。
※校正オプションが何も指定されない場合には、デフォルトでescapeが指定されます。
number_format 数字を千位毎にカンマ区切りにします。
striptags htmlタグを取り除きます。
base64 base64形式でエンコードします。
md5 ハッシュ値を算出します。
urldecode URLエンコードを元の文字列に戻します。
urlencode 文字列をURLエンコード(UTF-8)します。RFC3986準拠。 ※ 半角スペース → %20に変換 / 半角チルダ → 変換しない
html_entity_decode 実態参照を元の文字列に戻します。
trim4ext 変数から拡張子を除去します。
例:{entry_code}[trim4ext('.html')]
convert 文字列を変換して表示します。(PHPのmb_convert_kana関数に準拠)
例:{title}[convert('a')]
br4alnum 英数字が一定数連続するたびに、任意の文字列を挿入します。
例1:{text}[br4alnum('10')] 10文字ごとに<br />を挿入(デフォルトでbr)
例2:{text}[br4alnum('10', '­')] 10文字ごとに­を挿入(word-break: break-allの代替)
zero_padding 指定の桁数になるように、数字の左側を0(ゼロ)で埋める。
例:{number}[zero_padding('5')] 5桁になるように0で埋める 51 → 00051 に変換
split 正規表現で文字列を分割し指定した順番の文字列を表示する。
例:{hoge}[split(',', 2)] カンマで分割して3番目を表示 a,b,c,d,e → c(添字は0から)
resizeImg 指定したサイズで画像リサイズをします。
例:{image@path}[resizeImg(400,300)] 横400, 縦300でリサイズ
例:{image@path}[resizeImg(400)] 横400 でアスペクト比を維持してリサイズ
例:{image@path}[resizeImg(400, 300, 'ff0000')] リサイズ後の余白の背景色を指定してリサイズ(jpegのみ)
resizeImgFit アスペクトを維持したまま、指定したサイズで画像が入るようにリサイズをします。
例:{image@path}[resizeImgFit(400,400)] 横400, 縦400でリサイズ。アスペクト比が違う場合は、余白ができます。
resizeImgFill アスペクトを維持したまま、めいっぱい広げて指定したサイズで画像リサイズをします。(はみ出した部分は切り取られます)
例:{image@path}[resizeImgFill(400,400)] 横400, 縦400でリサイズ。アスペクト比が違う場合は、トリミングされます。
buildGlobalVars 変数の中のグローバル変数を展開します。
buildModule 変数中にあるモジュールを展開します。
buildTpl テンプレートエンジンを通し出力します。(グローバル変数やモジュールが解決されます)

config.server.php

定義名 説明 初期値
DOMAIN システムの基本ドメイン。インストール時に設定されます。 'localhost'
DOMAIN_BASE サブドメイン利用時のサブドメインを除いたドメインを指定。 ''
DB_TYPE 使用するRDBMSの種類。バージョン1.2.0現在はMySQLのみがサポートされます。 'mysql'
DB_HOST データベースのホスト。インストール時に設定されます。 ''
DB_NAME データベースの名前。インストール時に設定されます。 ''
DB_USER データベースのユーザー。インストール時に設定されます。 ''
DB_PASS データベースのパスワード。インストール時に設定されます。 ''
DB_PORT データベースのポート。通常は変更しません。 ''
DB_CHARSET データベースの文字コード。インストール時に設定されます。 ''
DB_CONNECTION_CHARSET データベースへの接続文字コードを指定します。何も指定しない場合は、utf-8が利用されます。
絵文字などを利用する場合は、utf8mb4を指定ください。(データベース側もutf8mb4に変更)
null
DB_PREFIX a-blog cmsによって作成されるテーブルの接頭辞。インストール時に設定されます。 ''
DB_SLOW_QUERY_TIME ベンチマークモード時にスロウクエリを表示する基準タイムを設定します。 0.3
GETTEXT_TYPE どのようなに国際化するかのオプション。 fix(固定)|auto(ブラウザ設定)|user(ユーザのカスタムフィールドによって) 'auto'
GETTEXT_APPLICATION_RANGE どのページで国際化をするかの設定。admin(管理ページのみ)|login(ログイン時のみ)|all(すべてのページ) 'all'
GETTEXT_DEFAULT_LOCALE デフォルトロケール値。 'ja_JP'
GETTEXT_DOMAIN 国際化時のドメイン。 'messages'
GETTEXT_PATH 国際化ファイルのディレクトリ名。 'lang'
SSL_ENABLE ONで管理ページでSSL/TLS有効になります。 0(1:ON / 0:OFF)
FULLTIME_SSL_ENABLE ONでサイト全体がSSL/TLS有効になります。 0(1:ON / 0:OFF)
COOKIE_SECURE Cookieでセキュア属性を設定するかどうか設定します 0(1:ON / 0:OFF)
COOKIE_HTTPONLY CookieでHTTP ONLY属性を設定するかどうか設定します 1(1:ON / 0:OFF)
HOOK_ENABLE ONでフック機能が有効になります。 0(1:ON / 0:OFF)
RESOLVE_PATH テンプレート上のリンクやリソースの場所を自動で補完します 1(1:ON / 0:OFF)
URL_SUFFIX_SLASH ONでシステムが生成するURLの末尾にスラッシュ( / )が付きます。 1(1:ON / 0:OFF)
SESSION_NAME a-blog cmsのセッション名。 'sid'
REWRITE_FORCE mod_rewrite機能が有効でない場合にも強制的にmod_rewrite用のURLを出力します 1(1:ON / 0:OFF)
MAX_PUBLISHES 同時に生成出来る動的なページのページ数です。キャッシュされているページは除外します。動的に生成しなければならないページのリクエストがこの数を超えると503ページが返されます。この数をむやみに上げすぎるとサーバに負担がかかります。サーバのパフォーマンスにあわせて調整してください。 3
MAX_EXECUTION_TIME プログラムの最大実行時間(秒)。 30
DEFAULT_TIMEZONE デフォルトのタイムゾーンを設定します。 Asia/Tokyo
PHP_SESSION_USE_DB PHPネイティブセッションでDBハンドラを使用するかどうかの設定。 0(1:ON / 0:OFF)
THEMES_DIR テーマディレクトリの場所。 'themes/'
ARCHIVES_DIR アーカイブディレクトリの場所。 'archives/'
REVISON_ARCHIVES_DIR バージョン管理で使用するアーカイブディレクトリの場所。 'archives_rev/'
MEDIA_LIBRARY_DIR メディア管理で使用するアーカイブディレクトリの場所。 'media/'
ARCHIVES_CACHE_SERVER 画像などのURLをここで設定したものに書き換え。(CDNなどで利用) ''
PHP_DIR プログラム(PHP)ディレクトリの場所。 'php/'
JS_DIR プログラム(Javascript)ディレクトリの場所。 'js/'
IMAGES_DIR システムイメージディレクトリの場所。 'images/'
CONFIG_FILE コンフィグの設定ファイルの場所。拡張する場合はこのファイルを編集。 'private/config.sysytem.yaml'
CONFIG_DEFAULT_FILE コンフィグのデフォルト値が格納された設定ファイルの場所。 'private/config.sysytem.default.yaml'
MIME_TYPES_FILE MIMEタイプの定義ファイルの場所 'private/mime.types'
REWRITE_PATH_EXTENSION リンクの書き換えを行う、拡張子を設定。 'pdf|doc|docx|ppt|pptx|xls|xlsx|lzh|zip|rar'
ERROR_LOG_FILE エラーログの出力先を設定。空の場合はOSのシステムログを使用。 ''
BID_SEGMENT ブログID 'bid'
AID_SEGMENT エイリアスID 'aid'
UID_SEGMENT ユーザーID 'uid'
CID_SEGMENT カテゴリーID 'cid'
EID_SEGMENT エントリーID 'eid'
UTID_SEGMENT ユニットID 'utid'
CMID_SEGMENT コメントID 'cmid'
TBID_SEGMENT トラックバックID 'tbid'
KEYWORD_SEGMENT キーワード 'keyword'
TAG_SEGMENT タグ 'tag'
FIELD_SEGMENT フィールド 'field'
ORDER_SEGMENT 並び順 'order'
ALT_SEGMENT オルタネイト 'alt'
TPL_SEGMENT テンプレート 'tpl'
PAGE_SEGMENT ページ 'page'
PROXY_SEGMENT プロキシー 'proxy'
TRACKBACK_SEGMENT トラックバック 'trackback'
SPAN_SEGMENT スパン(期間) 'span'
ADMIN_SEGMENT 管理ページ 'admin'
LOGIN_SEGMENT ログインページ 'login'
SIGNUP_SEGMENT サインアップ(未使用) 'signup'
LIMIT_SEGMENT 表示の上限件数 ( 未使用 ) 'limit'
DOMAIN_SEGMENT ドメイン 'domain'
IOS_APP_UA iOSアプリのユーザーエージェント 'acms_iOS_app'
DEBUG_MODE デバッグモード。ONの間は各種エラーメッセージが表示されます。サイト公開中はOFFに設定してください。 1(1:ON / 0:OFF)
BENCHMARK_MODE ベンチマークモード。ONの間はモジュール実行時間などのベンチマーク情報が表示されます。サイト公開中はOFFに設定してください。 0(1:ON / 0:OFF)

フォームオプション

validator ( v )

フィールドを検証する設定項目です。”validator#required” は “v#required” と省略することができます。

次の例では、”mailaddress” という名前のカスタムフィールドを追加し、正しいメールアドレスであることをチェックします。

例:正しいメールアドレスが入力されているかのチェック

<input name="mailaddress" type="text" value="" />
<input type="hidden" name="field[]" value="mailaddress" />
<input type="hidden" name="mailaddress:validator#email" />
required フィールドに「入力が必須である」という属性を指定します。 ソース
例)<input type="hidden" name="filedname:v#required" />
minlength フィールドに文字数の下限を指定します。
maxlength フィールドに文字数の上限を指定します。 ソース
例)<input type="hidden" name="filedname:v#maxLength" value="20" />
min フィールドが数値の時、数値の下限を指定します。
max フィールドが数値の時、数値の上限を指定します。
regex フィールドの内容が "正規表現にマッチ" するかどうかをチェックします。 ソース
例)<input type="hidden" name="tel:v#regex" value="\d\{2,4\}-\d\{2,4\}-\d\{4\}" />
digits フィールドの内容が "数値" かどうかをチェックします。
email フィールドの内容が "正しいメールアドレス" かどうかをチェックします。
url フィールドの内容が "正しいURL" かどうかをチェックします。
equalTo フィールドの内容が "指定された別のフィールド" と同じかどうかをチェックします。(ソースはパスワードの再確認フォームの例です) ソース
例)<input name="password" type="text" value="" />
<input type="hidden" name="field[]" value="password" />
<input name="password2" type="text" value="" />
<input type="hidden" name="field[]" value="password2" />
<input type="hidden" name="password2:v#equalTo" value="password" />
dates フィールドの内容が"日付系の校正オプションを適用可能な形式"かどうかチェックします。
適用可能な形式:
(月と日が1桁の場合、2桁目の0は必須ではありません)
1985-08-26、1985/08/26、1985.08.26、s60.8/26、h21.5.11
times 時間系の校正オプションを適用可能な形式かチェック
all_maxChecked チェックボックス等の選択数の上限を指定します。
all_minChecked チェックボックス等の選択数の下限を指定します。
all_justChecked チェックボックス等の選択数を指定します。
duplication 過去に送信されたメールアドレスかどうかをチェックします。フォームIDのログから判定するため、フォームIDである必要があります。 ソース
例)<input type="hidden" name="email:v#duplication" />
filesize ファイルサイズをチェックします。KBで指定。 ソース
例)<input type="hidden" name="pdf:v#filesize" value="500" />

converter ( c )

指定されたフィールドを任意の形式に変換します。これは、変換に指定できるオプションPHPのmb_convert_kana関数に依存します。mb_convert_kana関数の仕様にならい、複数のオプションを指定することもできます。詳細は、上記のリファレンスをご確認ください。

次の例ではaddressという名前のカスタムフィールドを追加し、送信時に入力内容の全角英数を半角英数に変換しています。

例:送信時に入力内容の全角英数を半角英数に変換する

<input name="address" type="text" value="" />
<input type="hidden" name="field[]" value="address" />
<input type="hidden" name="address:c" value="a" />
オプション 意味
r 「全角」英字を「半角」に変換します。
R 「半角」英字を「全角」に変換します。
n 「全角」数字を「半角」に変換します。
N 「半角」数字を「全角」に変換します。
a 「全角」英数字を「半角」に変換します。
A 「半角」英数字を「全角」に変換します。
s 「全角」スペースを「半角」に変換します(U+3000 -> U+0020)。
S 「半角」スペースを「全角」に変換します(U+0020 -> U+3000)。
k 「全角カタカナ」を「半角カタカナ」に変換します。
K 「半角カタカナ」を「全角カタカナ」に変換します。
h 「全角ひらがな」を「半角カタカナ」に変換します。
H 「半角カタカナ」を「全角ひらがな」に変換します。
c 「全角カタカナ」を「全角ひらがな」に変換します。
C 「全角ひらがな」を「全角カタカナ」に変換します。
V 濁点付きの文字を一文字に変換します。"K", "H" と共に使用します。

タッチモジュール

タッチモジュールは、見ているページ(テンプレート)がその条件にあてはまる時だけ表示されます。次の例では、単一記事の表示のときだけコメントモジュールを読み込みます。

例:エントリーが指定されている(個別ページ)時のみコメントモジュールを表示する

<!-- BEGIN_MODULE Touch_Entry -->
 <!-- BEGIN_MODULE Comment_Body -->
  (中略)
 <!-- END_MODULE Comment_Body -->
<!-- END_MODULE Touch_Entry -->

タッチモジュール

Touch_Top 「トップページ」の時のみ表示する ソース
<!-- BEGIN_MODULE Touch_Top -->
<!-- END_MODULE Touch_Top -->
Touch_Index 「一覧ページ」の時のみ表示する ソース
<!-- BEGIN_MODULE Touch_Index -->
<!-- END_MODULE Touch_Index -->
Touch_Entry 「エントリー」が指定されている時のみ表示する ソース
<!-- BEGIN_MODULE Touch_Entry -->
<!-- END_MODULE Touch_Entry -->
Touch_Category 「カテゴリー」が指定されている時のみ表示する ソース
<!-- BEGIN_MODULE Touch_Category -->
<!-- END_MODULE Touch_Category -->
Touch_Keyword 「キーワード」が指定されている時のみ表示する ソース
<!-- BEGIN_MODULE Touch_Keyword -->
<!-- END_MODULE Touch_Keyword -->
Touch_Tag 「タグ」が指定されている時のみ表示する ソース
<!-- BEGIN_MODULE Touch_Tag -->
<!-- END_MODULE Touch_Tag -->
Touch_User 「ユーザー」が指定されている時のみ表示する ソース
<!-- BEGIN_MODULE Touch_User -->
<!-- END_MODULE Touch_User -->
Touch_SearchEngineKeyword 「検索エンジンのキーワード」を取得できている時のみ表示する ソース
<!-- BEGIN_MODULE Touch_SearchEngineKeyword -->
<!-- END_MODULE Touch_SearchEngineKeyword -->
Touch_RootBlog ルートブログの時のみ表示する ソース
<!-- BEGIN_MODULE Touch_RootBlog -->
<!-- END_MODULE Touch_RootBlog -->
Touch_BlogGlobal ログインしたブログ自身に子ブログを持っている時のみ、そのブログと子ブログに表示する(※ログイン状態のみ適用) ソース
<!-- BEGIN_MODULE Touch_BlogGlobal -->
<!-- END_MODULE Touch_BlogGlobal -->
Touch_Admin 「管理状態(エントリー編集など)」の時のみ表示する ソース
<!-- BEGIN_MODULE Touch_Admin -->
<!-- END_MODULE Touch_Admin -->
Touch_SessionWithAdministration 「管理者」の時のみ表示する ソース
<!-- BEGIN_MODULE Touch_SessionWithAdministration -->
<!-- END_MODULE Touch_SessionWithAdministration -->
Touch_SessionWithCompilation 「編集者」以上の時のみ表示する ソース
<!-- BEGIN_MODULE Touch_SessionWithCompilation -->
<!-- END_MODULE Touch_SessionWithCompilation -->
Touch_SessionWithContribution 「投稿者」以上の時のみ表示する ソース
<!-- BEGIN_MODULE Touch_SessionWithContribution -->
<!-- END_MODULE Touch_SessionWithContribution -->
Touch_SessionWithSubscription 「読者」以上の時のみ表示する ソース
<!-- BEGIN_MODULE Touch_SessionWithSubscription -->
<!-- END_MODULE Touch_SessionWithSubscription -->
Touch_SessionIsCompilation 「編集者」の時のみ表示する ソース
<!-- BEGIN_MODULE Touch_SessionIsCompilation -->
<!-- END_MODULE Touch_SessionIsCompilation -->
Touch_SessionIsContribution 「投稿者」の時のみ表示する ソース
<!-- BEGIN_MODULE Touch_SessionIsContribution -->
<!-- END_MODULE Touch_SessionIsContribution -->
Touch_SessionIsSubscription 「読者」の時のみ表示する ソース
<!-- BEGIN_MODULE Touch_SessionIsSubscription -->
<!-- END_MODULE Touch_SessionIsSubscription -->
Touch_Login 「ログイン状態」の時のみ表示する ソース
<!-- BEGIN_MODULE Touch_Login -->
<!-- END_MODULE Touch_Login -->
Touch_Unlogin 「非ログイン状態」の時のみ表示する ソース
<!-- BEGIN_MODULE Touch_Unlogin -->
<!-- END_MODULE Touch_Unlogin -->
Touch_Edit 「エントリー編集(作成・変更・追加)」の時のみ表示する ソース
<!-- BEGIN_MODULE Touch_Edit -->
<!-- END_MODULE Touch_Edit -->
Touch_EditInplace ダイレクト編集が有効な時のみ表示する ソース
<!-- BEGIN_MODULE Touch_EditInplace -->
<!-- END_MODULE Touch_EditInplace -->
Touch_EditInsert 「エントリー編集(作成)」の時のみ表示する ソース
<!-- BEGIN_MODULE Touch_EditInsert -->
<!-- END_MODULE Touch_EditInsert -->
Touch_EditUpdate 「エントリー編集(変更・追加)」の時のみ表示する ソース
<!-- BEGIN_MODULE Touch_EditUpdate -->
<!-- END_MODULE Touch_EditUpdate -->
Touch_BlogParent 現在見ているブログ自身が子ブログを持っている時のみ表示する ソース
<!-- BEGIN_MODULE Touch_BlogParent -->
<!-- END_MODULE Touch_BlogParent -->
Touch_Ssl 現在見ているページがHTTPSで通信されている時のみ表示する ソース
<!-- BEGIN_MODULE Touch_Ssl -->
<!-- END_MODULE Touch_Ssl -->
Touch_SslEnable config.server.php内でSSL_ENABLEが1に設定されている時のみ表示する ソース
<!-- BEGIN_MODULE Touch_SslEnable -->
<!-- END_MODULE Touch_SslEnable -->
Touch_Debug config.server.php内でDEBUG_MODEが1に設定されている時のみ表示する ソース
<!-- BEGIN_MODULE Touch_Debug -->
<!-- END_MODULE Touch_Debug -->

Not系タッチモジュール

Touch_NotTop トップページ」ではない時に表示する ソース
<!-- BEGIN_MODULE Touch_NotTop -->
<!-- END_MODULE Touch_NotTop -->
Touch_NotIndex 「一覧ページ」ではない時に表示する ソース
<!-- BEGIN_MODULE Touch_NotIndex -->
<!-- END_MODULE Touch_NotIndex -->
Touch_NotEntry 「エントリー」が指定されていない時に表示する ソース
<!-- BEGIN_MODULE Touch_NotEntry -->
<!-- END_MODULE Touch_NotEntry -->
Touch_NotCategory 「カテゴリー」が指定されていない時に表示する ソース
<!-- BEGIN_MODULE Touch_NotCategory -->
<!-- END_MODULE Touch_NotCategory -->
Touch_NotAdmin 「管理ページ(エントリー編集など)」ではない時に表示する ソース
<!-- BEGIN_MODULE Touch_NotAdmin -->
<!-- END_MODULE Touch_NotAdmin -->
Touch_NotTag 「タグ」が指定されていない時に表示する ソース
<!-- BEGIN_MODULE Touch_NotTag -->
<!-- END_MODULE Touch_NotTag -->
Touch_NotKeyword 「キーワード」が指定されていない時に表示する ソース
<!-- BEGIN_MODULE Touch_NotKeyword -->
<!-- END_MODULE Touch_NotKeyword -->
Touch_NotSearchEngineKeyword 「検索エンジンのキーワード」を取得できていない時のみ表示する ソース
<!-- BEGIN_MODULE Touch_NotSearchEngineKeyword -->
<!-- END_MODULE Touch_NotSearchEngineKeyword -->
Touch_NotEdit エントリー編集(作成・変更・追加)」ではない時のみ表示する ソース
<!-- BEGIN_MODULE Touch_NotEdit -->
<!-- END_MODULE Touch_NotEdit -->
Touch_NotEditinPlace ダイレクト編集が有効でない時のみ表示する ソース
<!-- BEGIN_MODULE Touch_NotEditInPlace -->
<!-- END_MODULE Touch_NotEditInPlace -->
Touch_NotRootBlog ルートブログでない時のみ表示する ソース
<!-- BEGIN_MODULE Touch_NotRootBlog -->
<!-- END_MODULE Touch_NotRootBlog -->
Touch_NotBlogParent 現在見ているブログ自身が子ブログを持っていない時のみ表示する ソース
<!-- BEGIN_MODULE Touch_NotBlogParent -->
<!-- END_MODULE Touch_NotBlogParent -->
Touch_NotDebug config.server.php内でDEBUG_MODEが1に設定されていない時のみ表示する ソース
<!-- BEGIN_MODULE Touch_NotDebug -->
<!-- END_MODULE Touch_NotDebug -->

Facebook系タッチモジュール

Facebook系タッチモジュールを利用するには、プロパティ設定からApp IDとSecretの指定が必要です。

Api_Facebook_Touch_Signed Facebookページのiframe内から呼び出されている、正規リクエストの時のみ表示する ソース
<!-- BEGIN_MODULE Api_Facebook_Touch_Signed -->
<!-- END_MODULE Api_Facebook_Touch_Signed -->
Api_Facebook_Touch_NotSigned Facebookページのiframe内から呼び出されていない、非正規リクエストの時のみ表示する ソース
<!-- BEGIN_MODULE Api_Facebook_Touch_NotSigned -->
<!-- END_MODULE Api_Facebook_Touch_NotSigned -->
Api_Facebook_Touch_Like 表示元のFacebookページを、ユーザーがイイネしている時のみ表示する。非正規リクエストであれば表示しない
※ 2014年11月5日よりFacebookの仕様変更により正常に動作しなくなっております
ソース
<!-- BEGIN_MODULE Api_Facebook_Touch_Like -->
<!-- END_MODULE Api_Facebook_Touch_Like -->
Api_Facebook_Touch_NotLike 表示元のFacebookページを、ユーザーがイイネしていない時のみ表示する。非正規リクエストであれば表示しない
※ 2014年11月5日よりFacebookの仕様変更により正常に動作しなくなっております
ソース
<!-- BEGIN_MODULE Api_Facebook_Touch_NotLike -->
<!-- END_MODULE Api_Facebook_Touch_NotLike -->
Api_Facebook_Touch_Admin ユーザーが、表示元のFacebookページの管理者である時のみ表示する 。非正規リクエストであれば表示しない ソース
<!-- BEGIN_MODULE Api_Facebook_Touch_Admin -->
<!-- END_MODULE Api_Facebook_Touch_Admin -->
Api_Facebook_Touch_NotAdmin ユーザーが、表示元のFacebookページの管理者である時のみ表示する 。非正規リクエストであれば表示しない ソース
<!-- BEGIN_MODULE Api_Facebook_Touch_NotAdmin -->
<!-- END_MODULE Api_Facebook_Touch_NotAdmin -->