Ver. 2.0 & 2.1からのアップデート

2.0.x と 2.1.x の環境から現在のバージョンでは、細かい変更も色々ありますが大きく以下の変更が必要になります。

  • acms-admin.css の追加
  • index.js から acms.js に変更
  • acms.js の前に jQuery の読み込み
  • ioncubeエンコーダーのバージョンアップ

ご利用のバージョンに合わせて変更点をご覧ください。古いバージョンでは、その上に書かれている修正も必要になります。

Ver. 2.1.x からアップデートする場合

【必須】acms-admin.css の追加

acms.css で使用しているメディアクエリーがモバイルファーストな書き方に変更された為、システムで利用している CSS を acms- admin.css に変更しました。acms.css についてはそのまま残して、ご利用のテーマに以下のコードを追記してください。

<link href="/css/acms-admin.min.css" rel="stylesheet" type="text/css" media="all">

acms- からはじまる今までのクラス名を変更しない場合は、使用していた旧バージョンの acms.cssはそのままご利用く ださい。また旧バージョンのacms.cssをご利用する場合は旧バージョンの/system/fonts/ディレクトリをご利用の テーマに移動をお願いします。

【必須】index.js から acms.js にファイル名変更

Ver. 2.5.0 以前では、組み込みJS を読み込む為に index.js を読み込んでいましたが、Ver2.5.0 より acms.js にファイル名が変更になりました。以下のようにリンクを修正をしてください。

<!-- BEGIN_MODULE Js -->
<script src="/acms.js{arguments}" charset="UTF-8" id="acms-js"></script><!-- END_MODULE Js -->

【必須】 jQuery の読み込み

組み込み JS が非同期で読み込まれるようになった事により、jQuery が読み込まれる前に、jQuery プラグインや組み込み JS のカスタマイズが動いてしまいエラーが出てしまいます。 そこで、jQuery が同期的に読まれるように以下の対策をお願いします。

対策1

jQuery を acms.js から読み込む事をやめ、テンプレートから直接 jQuery をロードします。

以前のバージョンでは組み込み JS の jQuery とバッティングしてエラーを出していましたが、Ver2.5.0 からテンプレー トから読み込んでいる jQuery を優先して読み込むようになりました。こうする事により、同期的にjQueryが読み込ま れますので、エラーを回避する事が出来ます。かならず、acms.js の前で読み込むようにしてください。

<script src="%{JS_LIB_JQUERY_DIR}jquery-%{JS_LIB_JQUERY_DIR_VERSION}.min.js" charset="UTF-8"></script>
<!-- BEGIN_MODULE Js -->
<script src="/acms.js{arguments}" charset="UTF-8" id="acms-js"></script><!-- END_MODULE Js -->

対策2

またテンプレートで config.js の値を書き換えている場合は、以下のように対応をお願いします。

ACMS.Ready(function() {
    ACMS.Config.toggleMark = ‘toggleMark2’; // 例
});

【任意】カスタムユニットを利用されている場合

インクルード先が変更になっております。

  • /include/unit.html に設置してある /include/custom-unit.html が /include/unit/custom.html に変更。
  • /admin/entry/unit.html に設置してある /admin/entry/custom-unit.html が /admin/entry/unit/custom.html に変更

【任意】Entry_Summary で tag を出力している場合

Ver2.5.0よりEntry_Summaryモジュールのタグループ内のglueブロック名が glue から tagGlue に変更されました。ご利用の場合は変更して下さい。

Feed_Rss2モジュールでフィールドによる絞り込みを行っている場合

ver2.5.0 以前は Feed_Rss2 モジュールで「モジュールIDの条件設定」でフィールドが設定できるようになっており、エントリーのカスタムフィールドで絞り込めるようになっていたが、 ver2.5.0以降では、ここの設定がなくなり、「モジュールの表示設定」にこの設定が移動しました。

モジュールの条件設定にあった絞り込み条件をモジュールの表示設定のエントリフィルタに設定してください。

Ver. 2.0.x からアップデートする場合

ionCube Loader のバージョンアップが必要

Ver. 2.0.x では ioncube エンコーダー Ver. 6.5 を利用していましたが、現在は新しい PHP のバージョンに対応するため ioncube エンコーダー Ver. 9.0 を利用しています。古いバージョンの ioncube Loader では動作させることができませんので新バージョンの ionCube Loader をご利用ください。

ionCube Loader のバージョンアップについては ioncube Loader のインストール をご覧ください。

フォームモジュールの「confirm」ブロックが必須に

Ver. 2.1.0より、フォームモジュールの「confirm」ブロックが、セキュリティアップデートの影響で必須になりまし た。「confirm」ブロックがない場合は確認画面のブロックを「confirm」ブロックに書き換えをして下さい。

校正オプションを指定していた時もエスケープされるように

Ver.2.11から、セキュリティ対策としてXSS(クロスサイトスクリプティング)を防止するため校正オプションを指定していた時もエスケープ処理が自動で行われるようになりました。 対応方法などの詳細は 【重要なお知らせ】Ver.2.11 から校正オプションの仕様が変更になります をご参照ください。