Validatorの拡張

拡張アプリでのValidatorの拡張の仕方を見ていきます。名前空間・クラス名に気をつけましょう。

ファイル名は任意ですが、わかりやすくする為、Validator.php とします。

例: extension/plugins/SamplePlugin/Validator.php

<?php

namespace Acms\Plugins\SamplePlugin;

class Validator
{
    /**
     * sample
     * バリデーターのサンプルメソッド
     *
     * @param  string $val - その変数の値
     * @param  string $arg - <input type="hidden" name="var:v#sample" value="ここの値">
     * @return boolean     - 入力が正しい場合は "ture" そうでない場合は "false" を返す
     */
    function sample($val, $arg)
    {
        /**
         * 例:
         * <input type="text" name="var" value="{var}">
         * <input type="hidden" name="field[]" value="var">
         * <input type="hidden" name="var:v#sample" value="cms">
         *
         * <!-- BEGIN var:validator#sample -->
         *   <p class="acms-admin-text-error">cmsという文字列を含めてください。</p>
         * <!-- END var:validator#sample -->
         *
         * {var}の中は,'a-blogcms' とする
         */

        // name="var:v#sample" value="cms" で指定した
        // 文字列が含まれていなかったらエラーを出す
        return (strpos($val, $arg) !== false);
    }
}

ServiceProviderの設定

これだけでは、通常の拡張方法と違い動作しません。動作させるためには、このクラスのオブジェクトをa-blog cmsに登録する必要があります。

ServiceProviderでValidator実装クラスを登録する

拡張アプリの基本で作成した ServiceProviderに少し手を加えます。

<?php

namespace Acms\Plugins\SamplePlugin;

use ACMS_App;
use Acms\Services\Common\ValidatorFactory;

class ServiceProvider extends ACMS_App
{
    /* 省略... */

    /**
     * サービスの初期処理
     */
    public function init()
    {
        $validator = ValidatorFactory::singleton();
        $validator->attach('SampleValidator', new Validator);
    }

    /* 省略... */
}

ポイント

Acms\Services\Common\ValidatorFactory のオブジェクトを

ValidatorFactory::singleton();

で取得して 先ほど作成した Acms\Plugins\SamplePlugin\Validatorattach します。

  • 第一引数: 被らないような任意の文字列
  • 第2引数: 実装クラスのオブジェクト

これで拡張アプリをインストールすれば、Validator.php で実装したValidatorが利用できるようになります。