トラブルシューティング

ここではよくある質問や、つまずきやすいポイントなどをQ&A方式でお答えします。

通常画面は表示されるのにセットアップ、メンテナンス画面が表示されない

セットアップ、メンテナンス画面の時だけioncube loaderが動いていない可能性があります。ドキュメントルートにphp.iniを置くようなレンタルサーバーに多いです。この場合、php.iniをsetupディレクトリにコピーしてお試しください。

PHPのバージョンアップをしたら、表示されなくなった

ioncube loaderがうまく動いていない可能性があります。PHPのバージョンにあったioncube loaderをご利用ください。また、ioncube loader自体のバージョンが古い可能性もあります。動作条件にあったバージョンをご利用ください。それでも改善しない場合は、license.phpが古い可能性もあります。マイページより再ダウンロード(再生成されます)してお試しください。

ログインできない

config.server.php の DOMAIN があっていない可能性があります。

画像がアップロードできない

archives, arcihves_dir, media ディレクトリ(内部ディレクトリ含め)のパーミッションをWebサーバが書き込めるようにご確認ください。それでもダメな場合は、画像エンジンを切り替えてみます。画像エンジンは GD と ImageMagick があり、ImageMagick が使える場合は、デフォルトでImageMagickになります。以下のコードを private/config.system.yaml に追記することにより、GDを使うようになります。

image_magick : off

キャッシュ設置をONにしたのにキャッシュが効かない

config.server.php の DEBUG_MODE が ON(1)になっている可能性があります。OFF(0)に設定してお試しください。

アップロードできないファイルがある

セキュリティ対策で、アップロードできるファイルを制限しています。アップロードしたいファイルの拡張子を追加するには、管理ページ > コンフィグ > 編集設定 の アップロード許可ファイル拡張子 に追加ください。

ユニット数が多いと画像やユニット自体が表示されないものがでてくる

サーバーの設定で制限されている可能性があります。以下の項目をチェックしてみてください。また現在の設定は、管理ページ > チェックリスト でも確認することができます。

制限


項目 説明 デフォルト アクセスレベル
upload_max_filesize 最大アップロードファイルサイズ 2M PHP_INI_PERDIR
post_max_size 最大POSTサイズ 8M PHP_INI_PERDIR
memory_limit 最大利用メモリーサイズ 128M PHP_INI_ALL
max_file_uploads アップロード出来るファイル数 20 PHP_INI_SYSTEM
max_input_vars input要素の最大数 1000 PHP_INI_PERDIR

アクセスレベル


アクセスレベル 意味
PHP_INI_USER ユーザースクリプト(ini_setなど)で設定可能なエントリ。.user.ini でも設定可能
PHP_INI_PERDIR php.ini, .htaccess, httpd.conf あるいは、 user.ini で設定可能なエントリ
PHP_INI_SYSTEM php.ini, または httpd.confで設定可能なエントリ
PHP_INI_ALL どこでも設定可能なエントリ

設定方法


ファイル 記述例
php.ini, .user.ini memory_limit = 256M
.htaccess php_value memory_limit 256M
phpファイル ini_set('memory_limit', '256M');

他の制限で引っかかっている場合もありますので、詳しくは http://php.net/manual/ja/ini.core.php をご覧ください。

Google Map が表示されない

Google Map APIのAPI Keyを設定する必要があります。未設定の場合は、地図(Google Map)ユニットのページを確認し対応を行ってください。 複数のAPIを有効にする必要があります、設定忘れがないか再度確認をしてください。

編集時のGoogle Map検索など一部機能が動作しない

Google検索APIなど他のサービスを同時に利用している場合が考えられます。編集時はGoogle検索APIが動かないようにしたり、次のようにACMS.Readyで囲み、実行のタイミングをずらしてください。

<script>
  ACMS.Ready(function(){
    var cx = 'ここにコードが入ります';
    var gcse = document.createElement('script');
    gcse.type = 'text/javascript';
    gcse.async = true;
    gcse.src = (document.location.protocol == 'https:' ? 'https:' : 'http:') +
        '//www.google.com/cse/cse.js?cx=' + cx;
    var s = document.getElementsByTagName('script')[0];
    s.parentNode.insertBefore(gcse, s);
  });
</script>

XSERVER で http表示時にリンクがhttpsに変わってしまう。

Ver. 2.7.15以下のバージョンにおいて、XSERVERの新しい環境で http表示時にリンクがhttpsに変わってしまう問題が確認されています。現象が再現する場合、以下の対応をお願いします。

1. index.php のリネーム

index.php を acms.php にリネームします。

2. index.php の作成

新たにindex.php を作成以下のコードを記述します。

<?php

$_SERVER['HTTPS'] = null;
require 'acms.php';

カテゴリーを保存しようとしたら「送信データが不完全です。」というエラーが出た

なんらかの原因で、form要素の閉じタグが消えてしまっている可能性が高いです。 IFブロックやタッチブロック、HTMLタグの閉じ忘れなどをご確認ください。

ロリポップレンタルサーバーでエラーが出て画像が保存できない

画像エンジンのImagickがうまく動作していない可能性があります。GDに変更してお試しください。

変更方法

private/config.system.yaml に追加

image_magick : off