更新履歴

パブリッシュ(静的ファイルとして出力)

ここでは、a-blog cmsの動的ページを静的ファイルとして出力する設定内容について説明します。

たくさんモジュールが記述してあるテンプレートのページやヘッダー、フッターなどあまり更新しないパーツに対してパブリッシュを行うとページを表示するときにモジュールの実行回数を減らすことができ、パフォーマンス向上につながりますので、重いページなどあった場合は検討してみましょう。

パブリッシュするページと出力先を設定する

管理画面 > パブリッシュ に移動。パブリッシュの設定は、ルートブログのみで設定できます。


パブリッシュ設定画面

パブリッシュ設定画面


生成元URI、出力先パスの3つの項目を入力します。

生成元URI
静的ページとして書き出しをしたいページのURIを、http:// または acms:// から入力します。
出力先パス
生成元URIの内容を、ここで指定した themes内に、指定したファイル名で出力します。
生成範囲
静的ファイルとして出力する場合は「全て」を選択します。レイアウトモジュールがあるテンプレートをパブリッシュする場合に「レイアウトのみ」を選択するとレイアウトモジュールだけ解決された動的テンプレートをパブリッシュするようになります。

テーマ設定で使用しているテーマと、出力先パスで選択するテーマは同じものとしてください。静的ファイルは選択したthemes内に、指定したファイル名で出力されます。
また、出力先のthemesには、書き込み権限を設定してください。

出力先に同名ファイルがあった場合は、新しい内容が上書きされます。ファイルの管理に、十分に気をつけて実行してください。

子ブログでのパブリッシュ

ルートブログより下の子ブログでは、親ブログで[直接の子ブログでのパブリッシュを許可する]にチェックをすることで、パブリッシュが可能になります。デフォルトでは、子ブログでのパブリッシュ実行は禁止されています。

これは直接の親子関係をもったブログ間でのみ有効な設定です。ブログの階層が深くなる場合はそのたびに同様の設定が必要です。

パブリッシュする

同ページにある、「パブリッシュを実行する」ボタンを押す事で、設定されているファイルをすべて作り直します。ファイルやデータに更新があった場合に実行しましょう。


関連