ドキュメントdocument

テンプレート

IFブロック

詳細な条件による表示/非表示の制御 IFブロック

条件による表示/非表示の制御については、:veil ブロックによるモジュール内での部分的な表示の制御について解説しましたが、ここでは、より詳細な条件による制御を行う IFブロックについて解説します。

IFブロックの記述例

<!-- BEGIN_IF [%{PAGE}/gte/5] -->
5ページ以上です
<!-- ELSE_IF [%{PAGE}/eq/4] -->
4ページです
<!-- ELSE -->
3ページ以下です
<!-- END_IF -->

上記の記述は、グローバル変数%{PAGE} が5以上の場合は「5ページ以上です」を表示、4の場合は「4ページです」、それら以外の場合は「3ページ以下です」を表示するという意味を持っています。

BEGIN_IF部分には、条件式の指定として[]の中にa-blog cmsのURLコンテキストのように 値/オプション/値 と指定します。またネスト(入れ子)にすることもできます。

<!-- BEGIN_IF [a-blogcms/lk/cms] -->
cms
<!-- ELSE -->
not cms
<!-- END_IF -->

基準となる値を左側に、対象を右側にしてください。例えば上記の「含まれる」では、「a-blogcms」の中に「cms」があるかを判断しています。「cms」の中に「a-blogcms」があるか、ではない点に注意してください。書く順番が重要になります。

オプション

演算子条件意味
eq=等しい
neq!=等しくない
gt>より大きい
gte>=以上
lt<より小さい
lte<=以下
lkLIKE含まれる
nlkNOT LIKE含まれない
reREGEXP指定した正規表現に合致する
nreNOT REGEXP指定した正規表現に合致しない
emEMPTY値が空(何も入っていない)
nemNOT EMPTY値が空(何も入っていない)ではない

テンプレート内での実行順序

テンプレートエンジンの実行順序は以下のようになります。

  • インクルードを解決
  • インクルード処理と同時にグローバル変数を解決
  • タッチモジュールを解決(デフォルトON)
  • モジュール類を内側から解決(同じ階層の場合は下から)
  • IFブロックを解決

IFブロックの解決は一番最後に解決される為、条件式でグローバル変数やモジュールの変数も使用できます。 またモジュールのループ内でも動作します。

AND演算子とOR演算子

IFブロックではバージョン2.1.1からANDとOR演算子が使えるようになりました。AND演算子を使えば、両方の条件を満たした際、満たさなかった際の処理が出来ます。OR演算子を使えば、どちらか一方の条件を満たした際、満たさなかった際について処理できます。

AND演算子の記述例
<!-- BEGIN_IF [3/gt/2/_and_/2/lt/4] -->
	<p>条件を満たします</p>
<!-- ELSE -->
	<p>条件を満たしません</p>
<!-- END_IF -->

このソースのように判定したい条件同士を、_and_でつないであげることによって判定を行うことができます。上のソースの場合、3 > 22 < 4は両者とも条件を満たしますので、条件を満たしますが出力されます。

OR演算子の記述例
<!-- BEGIN_IF [4/lt/2/_or_/2/eq/2] -->
	<p>条件を満たします</p>
<!-- ELSE -->
	<p>条件を満たしません</p>
<!-- END_IF -->

このソースのように判定したい条件同士を、_or_でつないであげることによって判定を行うことが出来ます。上のソースの場合、4 < 2は条件を満たしませんが、2 = 2は条件を満たしますので、条件を満たしますが出力されます。