更新履歴

テンプレートの基本

a-blog cms で更新ができるページを作るためのHTMLファイルをテンプレートファイルといいます。テンプレートファイルにいろいろなモジュールを貼り付けていくことで、データベースに保存されている情報をHTMLに配置していきます。

a-blog cms のテンプレートファイルは基本的にはHTMLファイルで作られており、PHPのプログラムを直接記述することはありません。データベースに保存されている情報を表示するためのモジュールや、表示/非表示を制御するブロック、外部ファイルを読み込むインクルード、テンプレートのどこに記述しても動作するグローバル変数といった記述を、HTMLファイル内に組み込んで作成することになります。

テンプレート内でエントリーの一覧を表示している例

<!-- BEGIN_MODULE Entry_List -->
<div>
<!--#include file="/admin/module/setting.html"-->
<ul>
	<!-- BEGIN entry:loop -->
	<li><a href="{url}">{title}</a></li>
	<!-- END entry:loop -->
</ul>
</div>
<!-- END_MODULE Entry_List -->

この例では、Entry_Listモジュールを使って、エントリーのタイトルとリンク先を出力しています。
<!-- BEGIN entry:loop -->から<!-- END entry:loop -->の間を繰り返し表示する事になります。また、モジュールのコメントタグについては実行後には削除され通常のHTMLソース側には表示されません。

また、a-blog cms ではテンプレートファイルはテキストファイルであれば、どのようなファイルでもテンプレートにできます。

Ver.2.5以前ではブロックがモジュール内で一度しか利用できない仕様となっておりましたが、同じモジュール内でもVer.2.5より再利用できるようになりました。


関連

イントロダクション

はじめてみよう

リファレンス

コア機能

機能別

開発