CSVファイルからのインポート

管理ページからカンマ区切りデータ(csv形式)をエントリー・カスタムフィールド、ユニットに変換してインポートすることができます。

実行は慎重に

データ数が多いインポート処理はサーバーへの負荷が高くなります。そのため、作業時間・タイミングに注意しておこなってください。

カテゴリーコードとエントリーコードの重複

既存のコンテンツとインポートされるコンテンツとの間で同じコードをもつエントリーやカテゴリーが存在する場合はコードの重複が発生します。その場合はコンテンツが正しく表示されない可能性がありますので、インポート後に管理ページから個別に修正してください。

インポートの仕様

CSVファイルの内容によって、以下のような仕様があります。

  • CSVファイルに、カスタムフィールドの情報のみが含まれる場合は、エントリー情報は自動で作成されます。
  • CSVに entry_category_id を指定することで、優先してそのカテゴリーにインポートされます。
  • CSVに entry_id (エントリーID)フィールドを用意すると、同じエントリーIDのエントリーを上書きするようになります。 すべて、新規追加する場合は、 entry_id を指定しないでください。
  • データとして改行を含みたい場合は、値をダブルクウォートで囲みます。

プロフェッショナル版以上

プロフェッショナルライセンス以上限定になりますが、 CSVの項目に entry_id がなく「*(アスタリスク)」から始まる項目名(1つ)がある場合、その項目をキーにして一意(unique)になるエントリーをアップデートします。

CSVに指定できるフィールド


フィールド名 フォーマット 説明 指定なしの場合
entry_id 数値 エントリーIDを指定 123 新規eid
entry_code 文字列 コード(ファイル名)を指定 entry-123.html 通常エントリ作成時と同様
entry_status open | close | draft | trash ステータスを指定(open: 公開、close: 非公開、draft: 下書き、trash: ゴミ箱)のいずれかを指定 open open
entry_title 文字列 タイトルを指定 テストエントリー CSV_IMPORT-[eid]
entry_link 文字列 リンク先URLを指定 https://www.a-blogcms.jp/
entry_datetime yyyy/MM/dd H:mm:ss 日付を指定 2018-12-06 15:08:01 インポート時の日時
entry_start_datetime yyyy/MM/dd H:mm:ss 公開日時を指定 2018-12-06 15:08:01 1000-01-01 00:00:00
entry_end_datetime yyyy/MM/dd H:mm:ss 掲載期限を指定 2018-12-06 15:08:01 9999-12-31 23:59:59
entry_posted_datetime yyyy/MM/dd H:mm:ss 作成日を指定 2018-12-06 15:08:01 インポート時の日時
entry_updated_datetime yyyy/MM/dd H:mm:ss 更新日を指定 2018-12-06 15:08:01 インポート時の日時
entry_summary_range 数値 ユニットの「続きを読む」の位置を指定(例: 3 -> 上から3番目のユニットを一覧で出力) 3
entry_indexing on | off インデキシング(一覧に出力するかどうか)を設定(on: 出力する、off: 出力しない) on on
entry_primary_image 数値 メイン画像のユニットIDを指定 123
entry_category_id 数値 カテゴリーIDを指定 1
entry_user_id 数値 エントリー所有者のユーザーIDを指定 1 インポート実行者のUID
unit@タグセレクト[数値] 文字列 テキストユニットの追加
タグセレクト: テキストタグセレクトで設定できるもの [p, h2, h3, ul, markdown, none....] 
[]の中の数値: ユニットの順番を指定
テストユニット
カスタムフィールド変数 カスタムフィールド としてインポートされます。インポート先のフィールド仕様にあった値を設定ください

CSVファイルからのインポート手順

  1. インポートするカンマ区切りデータ(csv形式)を用意します。
  2. ログインをして管理ページのインポートにアクセスします。(図1)
  3. インポート先のブログを確認し、インポート先のカテゴリーを必要に応じて選択してください。(図2)
  4. インポート元になるCSVファイルを選択します。
  5. [インポートを実行する]ボタンをクリックすると、インポートを実行します。

(図1)インポート管理トップ

(図1)インポート管理トップ

(図2)CSVインポート画面

(図2)CSVインポート画面

CSVファイルの例

"entry_title","entry_code","zip","tel","address","unit@p[1]","unit@markdown[2]"
"アップルップル","csv-1","450-0002","052-485-8577","名古屋市中村区名駅3-18-5 モンマートビル5F","1つ目のユニット","## 見出し2"
"あっぷるっぷる","csv-2","000-0000","000-000-0000","指定したentry_titleやentry_codeの通りにエントリーが生成されます", "1つ目のユニット","### 見出し3"
"appleple","csv-3","111-1111","111-111-1111","フィールド名は任意の英数字で指定できます","1つ目のユニット","
## 見出し2

ダブルクウォートで囲むことで改行できます。

- リスト1
- リスト2
- リスト3
"
  • entry_title:エントリーのタイトル
  • entry_code:エントリーのコード(既存のエントリーとの重複を避けユニークな文字列を指定してください。拡張子はいりません。)
  • zip:カスタムフィールド、郵便番号として利用
  • tel:カスタムフィールド、電話番号として利用
  • address:カスタムフィールド、住所として利用
  • unit@[1] : 1番目のテキストユニット
  • unit@markdown[2] : 2番目のマークダウンテキストユニット