変数表とスニペット

モジュールの記述のための情報

モジュールには出力する内容によって様々なものがあるため、全く何もない状態からテンプレート上に正確に記述していくのは大変です。そこで、a-blog cmsではこの制作者向け情報サイトや、a-blog cmsの管理ページ内にも該当モジュール内で使用できる変数表、基本的な記述方法となるスニペットを用意しています。


カスタマイズ管理>コンフィグ

カスタマイズ管理>コンフィグ


a-blog cmsの管理ページで左側メニュー内、カスタマイズ管理>コンフィグへ進むと、各モジュールの設定への一覧がありますが、各モジュールの右側に変数表とスニペットへのリンクがあります。
この各リンクから、それぞれ変数表、スニペットが別ウィンドウで開きます。


変数表


Entry_Bodyモジュールの変数表

Entry_Bodyモジュールの変数表


各モジュールの変数表では、どのブロック内にどのような変数を表示させることができるかをまとめています。
いずれも白背景の二重線で囲まれた部分が変数名となっており、モジュール内の各ブロックで使えることを表しています。変数の具体的な内容は表中に日本語で補足しています。


スニペット


Entry_Bodyモジュールのスニペット

Entry_Bodyモジュールのスニペット


スニペットとは、よく使用するコードをまとめたデータです。各モジュールの出力に必要なコードがスニペットとして用意してありますので、必要に応じてコピー&ペーストや独自に変更を加えてお使いください。

独自のテンプレートを作成する場合には、元になるHTMLファイルにこれら各モジュールのスニペットを貼り付けて、必要な形に整形していくという流れを取るとスムーズに制作できるでしょう。


Dreamweaverにスニペットを追加する


a-blog cmsのパッケージには「omake」フォルダ内にDreamweaverで使用する拡張機能ファイルをご用意しています。Dreamweaverのスニペットパネルにa-blog cmsで使用する各モジュールのスニペットを追加するファイルとなります。この拡張機能を使うことで、Dreamweaver上で1クリック(ドラッグ&ドロップ)でスニペットを追加できるようになります。管理ページ内のデータと合わせて是非ご利用ください。「omake」フォルダの内容、使用方法につきましては、a-blog cmsに同梱されている新規インストールマニュアル内の「omakeフォルダについて」をご覧ください。