更新履歴

インクルード先のパスを簡単に調べて開発しやすくする

テンプレートの修正箇所を探す

デバッグモードをオンに設定していれば、現在表示しているルートのテンプレートパスが、管理ボックスに記述してありますが、途中インクルード機能を使って挿入しているテンプレートのパスは一見わからないように見えます。インクルードしているテンプレートのパスを探し出す方法を説明しています。



インクルード先テンプレートを見つける

インクルード先のテンプレートのパスは、お使いのブラウザの開発者ツールから要素の検証を行う、またはブラウザを通してソースコードをご覧いただくことで確認できます。

下記のソースのようにHTMLコメントでインクルードされたものが囲まれます。インクルードされているテンプレートのパスは、Start of includeEnd of includeと描かれているコメントタグと一緒に記述されています。

テンプレートを使用している範囲としては、Start of includeEnd of includeと書かれた部分までになります。

<header id="headWrapper" class="clearfix">
  <!-- Start of include : source=/themes/site2013/include/header.html -->
  <div id="header">
    <div id="siteTitle">
      <h1 id="siteName"><a href="http://localhost/"><img src="/archives/001/201302/511361da784e4.png" alt="a-blog cms"> a-blog cms サンプルサイト</a>
      </h1>
      <p id="siteCaption">このコンテンツは a-blog cms のテスト用に作られたコンテンツで、実在のものではありません。</p>
    </div>
    <nav>
      <ul id="headNavi" class="clearfix">
        <li><a href="http://localhost/contact/" target="_self">お問い合わせ</a></li>
        <li><a href="http://localhost/company/access.html" target="_self">交通アクセス</a></li>
      </ul>
    </nav>
    <address id="headTelNo"><a href="tel:123-456-789">TEL<span>123-456-789</span></a></address>
  </div>
  <!-- End of include : source=/themes/site2013/include/header.html -->
</header>

機能のON/OFF

この機能を使用するには、DEBUG_MODEをON(1)にする必要があります。

逆に、この機能をOFFにする方法は2通りあります。

  1. DEBUG_MODEをOFF(0)にする
  2. 管理 > コンフィグ > 出力設定 の HTMLコメントの削除にチェックをつける


また、DEBUG_MODEをON(1)にしていても、「HTMLコメントの削除」にチェックをつけていれば、機能が使えませんので、ご注意ください。


関連

イントロダクション

はじめてみよう

リファレンス

コア機能

機能別

開発