高さを揃える【非推奨】

現在ではレスポンシブ対応をしたjs-autoheight-rを公開しております。特に理由がなければ、js-autoheight-rをご利用ください。

ブロック要素の高さを揃える機能が標準で実装されています。(Ver. 1.5.1より)

1. 設定の編集

この機能の設定は、/js/config.jsの以下の箇所にあります。設定を変更する場合は、適用しているテーマ内にJavaScriptファイルを別途作成してください。詳しくは「組み込みJSについて:設定を編集する」を参照してください。

//----------
// autoHeight
autoHeightMark   : '.js-autoheight',
autoHeightConfArray : [
    {
        '.column3'  : '3', // クラス名と高さを揃えるコンテンツ数
        '.column2'  : '2'
    }
],



autoHeightMark 適用したい親要素に指定するクラスを設定
autoHeightConfArray 実際に高さを揃える要素につけるクラスの設定とコンテンツ数を設定

2. HTMLとCSSの編集

HTML

siteテーマを修正する場合 /themes/site/include/main/summaryDefault.html を修正します。

<!-- BEGIN_MODULE Entry_Summary id="summaryDefault" -->
<h2>サマリー1/デフォルト</h2>
<div id="summaryDefault" class="js-autoheight">

<!-- BEGIN notFound -->
<p>記事が見つかりませんでした。</p>
<!-- END notFound -->

<!-- BEGIN unit:loop -->
<!-- BEGIN entry:loop -->
<div class="summaryDefaultEntry js-biggerlink column2">
	<div style="width:{x}px; height:{y}px; overflow:hidden; position:relative;"><!-- BEGIN image:veil -->
		<img src="/{path}" width="{imgX}" height="{imgY}" style="left:{left}px; top:{top}px; position:relative;" /><!-- END image:veil --><!-- BEGIN noimage -->
		noimage
		<!-- END noimage -->
	</div>

   (以下略)>

3行目の <div id="summaryDefault"> に class="js-autoheight" を追加し、11行目のクラスに column2 を追加します。もし、4つを同じにしたい場合には、設定に以下のようなものを追加する事で4つのDIVの高さを揃える事が可能になります。

'.column4'  : '4'

3. デモ

スタンダードライセンス

自分でらくらく更新できるWebシステムのa-blog cms スタンダードライセンス。一般的なサイトに必要な機能が揃っている基本的なサイトを制作するためのライセンスです。

プロフェッショナル/エンタープライズライセンス

自分でらくらく更新できるWebシステムのa-blog cms プロ/エンタープライズライセンス。ユーザーの権限設定や承認機能が使用可能な大規模サイト向けのライセンス

特別ライセンス

自分でらくらく更新できるWebシステムのa-blog cms 特別ライセンス。a-blog cmsでは、特定の業種や開発のための特別なライセンスをご用意しています。
開発やテスト的な運用など、ライセンス費用の必要がない環境で自由にご利用いただけますので、是非ご利用ください。