アラートのメッセージを閉じる

a-blog cmsでは、管理画面で使用されているアラート(.acms-alert)を閉じる機能が実装されています。(Ver. 2.0.0より)

デモ

acms-alert

.acms-alert-info

.acms-alert-danger

<p class="acms-alert acms-alert-icon"><button class="js-acms-alert-close acms-alert-icon-after">×</button>acms-alert</p>
<p class="acms-alert acms-alert-info acms-alert-icon"><button class="js-acms-alert-close acms-alert-icon-after">×</button>.acms-alert-info</p>
<p class="acms-alert acms-alert-danger acms-alert-icon"><button class="js-acms-alert-close acms-alert-icon-after">×</button>.acms-alert-danger</p>

デフォルトの設定

この機能の設定は、/js/config.jsの以下の箇所にあります。設定を変更する場合は、適用しているテーマ内にJavaScriptファイルを別途作成してください。詳しくは「組み込みJSについて:設定を編集する」を参照してください。

//------------------
// acms alert close
acmsAlertCloseMark  : '.js-acms-alert-close',
acmsAlertCloseConfig  :
{
    target  : '.acms-alert'
},
acmsAlertCloseArray : [
//    {
//        'mark'    : '',
//        'config'  : {}
//    }
],


acmsAlertCloseMark 閉じるボタン
acmsAlertCloseConfig 押された時に非表示にする内容

設定のカスタマイズ

config.jsのデフォルトの設定からカスタマイズする場合、別途作成したJSファイルに下記のように記述します。

ACMS.Ready(function(){
  ACMS.Config.acmsAlertCloseMark = '.js-sample-alert-closed';
  ACMS.Config.acmsAlertCloseConfig = {
    target  : '.js-sample-alert'
  };
  ACMS.Config.acmsAlertCloseArray = [
  //    {
  //        'mark'    : '',
  //        'config'  : {}
  //    }
  ],
});

acmsAlertCloseArrayでは配列を渡せるようになっており、複数の設定を指定したいときに使います。
configにはacmsAlertCloseConfigの設定を指定できます。

class属性を.js-close-alertにし、targetの項目を追加する場合には以下のように記述します。

ACMS.Ready(function(){
  ACMS.Config.acmsAlertCloseArray.push({
    mark: '.js-close-alert',
    config: {
      target: 'js-alert'
    }
  });
});