カスタムフィールドでファイルをアップロードできるようにする

カスタムフィールドを作成して、ファイルをアップロードできるようにする方法を説明します。(v1.3.0より)

ファイルをアップロードするカスタムフィールドの作成

例)PDFファイルをアップロードするカスタムフィールド(フィールド名:pdffile)

<!-- BEGIN pdffile@path:veil -->
<input type="hidden" name="pdffile@old" value="{pdffile@path}" />
<input type="hidden" name="pdffile@secret" value="{pdffile@secret}" />
<input type="hidden" name="pdffile@baseName" value="{pdffile@baseName}" />
<input type="hidden" name="pdffile@fileSize" value="{pdffile@fileSize}" />

<label for="input-checkbox-pdffile@edit">
<input type="checkbox" name="pdffile@edit" value="delete" id="input-checkbox-pdffile@edit" /> 削除
</label>
<a href="%{HTTP_ARCHIVES_DIR}{pdffile@path}"><img src="/images/fileicon/pdf.gif" width="64" height="64" alt="zip" /></a><!-- END pdffile@path:veil -->
<input type="file" name="pdffile" />
<input type="hidden" name="field[]" value="pdffile" />
<input type="hidden" name="pdffile:extension" value="file" />
<input type="hidden" name="pdffile@extension" value="pdf" />
<input type="hidden" name="pdffile@filename" value="pdf/example.pdf" />

各記述の説明

2行目:ファイルがアップロードされなかった場合に既存のアップロードされているファイルの情報を送信する記述【必須】

<input type="hidden" name="フィールド名@old" value="{フィールド名@path}" />

4行目:システムのファイル名を表示するための記述【任意】(v1.4.2から)

<input type="hidden" name="pdffile@baseName" value="{pdffile@baseName}" />

5行目:ファイルサイズを自動で取得するための記述【任意】(v1.4.2から)

<input type="hidden" name="pdffile@fileSize" value="{pdffile@fileSize}" />

7〜9行目:アップロードしてあるファイルを削除する記述【任意】

<label for="input-checkbox-フィールド名@edit">
<input type="checkbox" name="フィールド名@edit" value="delete" id="input-checkbox-フィールド名@edit" /> 削除
</label>

10行目:アップロードしたファイルのアイコンとリンク表示【必須】

<a href="%{HTTP_ARCHIVES_DIR}{フィールド名@path}"><img src="アイコンファイルのパス" width="64" height="64" alt="代替テキスト" /></a>

11行目:ファイルを入力する記述【必須】

<input type="file" name="フィールド名" />

12行目:カスタムフィールドであることの記述【必須】

<input type="hidden" name="field[]" value="フィールド名" />

13行目:通常のフィールドではなく、拡張フィールドであることの記述【必須】

<input type="hidden" name="フィールド名:extension" value="file" />

14行目:アップロードするファイルの拡張子を指定【任意】

value属性に拡張子を記述します。ここで指定した種類のファイルのみアップロードできます。指定していない場合はコンフィグの設定が適用されます。(→設定内容は「エントリーの編集設定(ユニット追加ボタン/テキストタグセレクト/サイズセレクト/エントリー編集/イメージ編集/アップロード許可ファイル拡張子)」の「アップロード許可ファイル拡張子」参照)

<input type="hidden" name="フィールド名@extension" value="pdf" />

15行目:アップロードする場所とファイル名を指定【任意】

カスタムフィールドからアップロードされたファイルは、/archives/bid/内に格納されます。(その他の場所にはアップロードできません。)※@filenameは@baseNameと違い、ファイル名を指定することができます。

<input type="hidden" name="フィールド名@filename" value="アップロードするファイルのパス" />

PDFファイルをアップロードしたカスタムフィールド

PDFファイルをアップロードしたカスタムフィールド


カスタムフィールドでアップロードしたファイルを表示

例)「pdffile」というフィールド名でPDFファイルをアップロードした場合

<!-- BEGIN pdffile:veil --><a href="%{HTTP_ARCHIVES_DIR}{pdffile@path}"><img src="アイコンファイルのパス" width="64" height="64" alt="代替テキスト" /></a><!-- END pdffile:veil -->

PDFファイルの表示

PDFファイルの表示